国内

毒母は子育てに悩む「女の子」 その不安に巻き込まれる娘

母も子育てに悩んでいるから…

 近頃、『凪のお暇』(2019年、TBS系)、『過保護のカホコ』(2017年、日本テレビ系)など、“毒親”や“毒母”を題材とするフィクション作品が増加している。身勝手な振る舞いで子供を傷つけたり、あるいは過度な干渉で支配したりする“毒母”は、身近な存在となっているのだ。

 実母との確執を描いた漫画『しんどい母から逃げる!!』(小学館)など、多数の著書がある漫画家の田房永子さんは、現在は長いトンネルを抜け出し、母とも平穏な関係を築いているという。過干渉で攻撃的だった母とのやりとりを振り返ってこう話す。

「特にいやだったのは、高校生の頃。希望者が集う旅行の前日、母が急に『2学期の成績が悪かったから。ペナルティーよ』と言い出し、勝手に担任に電話して、旅行を無理矢理キャンセルしてしまったこと。それと、大学入試とかぶってしまって私が出席できなかった卒業式に、なぜか母だけが出席したこと。

 こんなふうに誰に話しても理解してもらいやすい出来事は、何度も話すうちに私の中でも強く記憶に残ってしまいました」(田房さん・以下同)

 田房さんが耐え抜いた母との闘いはこれらにとどまらず、壮絶を極める。母は習い事や進学先などを相談なく勝手に決め、田房さんがいやがると、激昂して罵った。それでも田房さんは屈しない子だったので、母は脅しや泣き落としを使って自分の思い通りにした。思春期になってもブラジャーを買ってもらえず、仕方なく母のものをこっそり使っていたという。

「ブラジャーを買ってもらえないのは“毒母”あるある。生理用品を買ってもらえなくて困っていたという人もとても多いですね」

 田房さんの友達と勝手に連絡を取ってしきりに服や雑貨をプレゼントしたり、勤務先に何度も電話をかけてきたり、同棲相手と住むアパートの窓を叩かれたりしたことまであったそうだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

三田寛子
三田寛子、本番15分前の「緊急代役」オファーを快諾 神対応の背景に“家計の危機”
女性セブン
立浪監督がいきなり「NO」をつきつけた(時事通信フォト)
WBC目前に中日・高橋宏斗が山本由伸流にフォーム改造 「立浪監督の苦言」に賛否両論の声
NEWSポストセブン
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
NEWSポストセブン
女大鼠(松本まりか)
『どうする家康』で“エリートくのいち”演じる松本まりか 違和感のある髪型が表すもの
週刊ポスト
綾瀬はるかと大泉洋
綾瀬はるか、多忙な中でのトレーニング 秘密兵器は「黒酢大根」、弁当に入れて現場持参も
女性セブン
家康の正室・瀬名(有村架純)
大河ドラマ『どうする家康』 “ヘタレの家康”を取り巻く13人の女たち相関図
週刊ポスト
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン