• TOP
  • コラム
  • 「勉強しなさい」は子どものため?「教育虐待」の実態

コラム

2019.11.11 12:00  たまGoo!

「勉強しなさい」は子どものため?「教育虐待」の実態

「勉強しなさい」は子どものため?「教育虐待」の実態

近年は、「子どものために」と幼少期から塾や習い事に通わせている方が非常に多くなってきています。先行きがみえない時代だからこそ、子どもの将来を不安に思うのは親として当たり前かもしれません。しかし、それが知らず知らずのうちに『教育虐待』になってしまっているかも・・・。今回は、教育虐待について詳しくご説明します。

勉強や習い事が虐待に?教育虐待とは

『教育虐待』という言葉は、2011年に日本子ども虐待防止学会での武田信子教授の発言をきっかけに、広く使われるようになった言葉です。しかし、教育虐待とは一体どのような状態のことを指すのでしょうか?また、教育虐待をしやすい親には、どのような特徴があるのかをみていきましょう。

しつけと教育虐待の違いって?

『虐待』と聞くとたたいたり蹴ったりするというイメージが強いかもしれませんが、必ずしも暴力を振るうことだけが虐待ではありません。本来、子どものしつけとは“子どもが自分で感情や行動を制御できるように教えること”ですが、あなた自身の考えや方針に任せて子どもをコントロールしようとしている方は要注意。子どものキャパシティーを超える量の勉強をさせたり、子どもが望まない習い事をさせたりすることで子どもを精神的に追い込んでしまうと、それは『教育虐待』になってしまいます。

教育熱心すぎるママやパパは要注意

大切な子どもの健康や幸せを祈り、良い学校や会社に進んでほしいと思うのは親心として当然です。だからと言って、子どもが小さなうちから塾に通わせたり、将来何かの役に立つかもしれないからと、習い事をいくつもさせたりしていませんか?「どうしてできないの」と子どもを叱ることが多い人も赤信号。「子どものため」だと信じてさせていることが、実は自分の考えを押し付けているだけの教育虐待になってしまっている可能性が非常に高いのです。

教育虐待は親の学歴コンプが原因?

子どもに勉強や語学などの習い事をさせる理由で多いのが、親自身が学歴にコンプレックスを抱えているということ。自分に学歴がなく進学や就職で苦労をした親は、子どもに同じ思いをさせまいと必死になってしまいがち。しかしそれは、自分のコンプレックスを晴らすために子どもに期待をしているだけで、本当の意味での「子どものため」ではありません。「子どものため」を言い訳に「自分のため」に子どもを追いつめてしまっているのです。

教育虐待がもたらす子どもへの影響とは?

良い学校や会社に進むために勉強は大切です。しかし、子どもは机に向かう勉強だけではなく、日々の遊びや経験からも多くを学ぶもの。子どもの好奇心や興味を親が制御してしまうと、子どもにも良くない影響を与えてしまいます。

親のために勉強するようになる

教育虐待は、言葉や感情で精神的な苦痛を与えることが多いものです。「どうして約束を守って勉強できないの?」「きちんと勉強していないから、成績が上がらないのよ」このような言葉は、勉強ができないという理由をつけて叱っているようにみえますが、実は子どもに罪悪感を与えているだけなのです。そうすると、子どもは親の機嫌を損ねないために勉強をするようになり、どんどん追いつめられてしまいます。最後には子どもの気持ちが折れてしまい、不登校になどになってしまうケースも少なくありません。

自分の意思で行動できず自立できない

幼いうちから親の価値観の中で育った子どもは、「自分が虐待されている」という自覚がないことが多いため、思春期を迎えても親に反抗することが少なく、親の言われた通りにすることが正しいと思い込んでいます。それを「良い子に育った」と考えるのは大きな間違いで、放っておくと子どもが大人になったとき、挫折しやすい人間になってしまいます。いくら優秀でも、自分の意思で考え行動することができない人は社会ではやっていけませんから、結果として子どもの自立を妨げていることになるのです。

親子関係を悪化させてしまう

教育虐待に気付いていない子どもがいる一方で、成長してくるにつれて違和感を覚える子どもも少なくありません。「家に帰るとまた怒られる」という気持ちから、家以外の場所で勉強をし、家に帰らないということも。中には、追いつめられて児童虐待の子どもたちを保護する児童シェルターに逃げ込む子どももいるようです。つまり、子どもへの勉強に関する問題が複雑になり、親子関係が悪化してしまう原因になってしまうこともあります。

教育虐待はどのように防ぐ?

教育虐待は、親自身に虐待をしている自覚がないことがいちばんの問題だとも言われている難しい問題です。しかし、だからこそ日頃の言動を見直すことで防ぐこともできるのです。教育虐待をせずに子どもを育てるには、どのような点に注意すれば良いのでしょうか?

視野を広げて子どもに接する

「人生は勉強だけがすべてではない」という広い視野を持ち、子どもがやりたいことは可能な限りやらせてあげましょう。頭ごなしに「勉強しなさい」と言われても、子どもは「はい」とは言いません。「今週は〇〇があるから、そのために勉強も頑張ろうね」というように、子どものモチベーションを上げてあげることが大切です。親のためにする勉強から、自分のためにする勉強に変わることで、子ども自ら親の意向に沿った決断をすることもあるかもしれません。

子どもを否定せず話を聞いてあげる

「ちゃんと勉強しないと周りに遅れるよ」「〇〇ちゃんと遊んでいるから勉強できないんでしょう」など、つい否定的な言葉を投げてしまう方は、子どもに対する話し方を意識して変えてみてください。子どもは自分が否定されると嫌悪感や反発心が働きますから、自分の考えを押し付けるのではなく、まずは子どもの話を聞いてあげましょう。子どもの気持ちを理解してあげることで、子どもとの間に信頼感が育まれ、親であるあなたの話も素直に聞き入れてくれるようになるはずです。

必要以上のことはせず子どもを見守る

「子どものために」と考えれば考えるほど、いろいろしてあげたくなるのが親の性というものですが、子どもはあなたが思っている以上にたくさんのことを考えながら生きています。あなたが良かれと思ってさせている勉強や習い事は、子どもが興味を示さなければ、ただのエゴでしかありません。子どもの人生を決めるのは、あなたではなく子ども自身です。必要以上に勉強を強要し習い事を増やすより、子どもがあなたを頼ってきたときにはヒントを与え、子どもの成長を見守ることが親として何より大切なことなのです。

おわりに

知らず知らずのうちに、子どもを追いつめてしまっている教育虐待。あなたにも思い当たる節があったのではないでしょうか?親であるあなた自身が子どものプレッシャーになってしまわないためにも、教育とは誰のためのものなのか、改めて考え直す必要があるかもしれませんね。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。ご了承ください。

関連記事

トピックス