ライフ

「獄中結婚」を描く漫画 作者・乃木坂太郎氏が語る制作秘話

主人公・夏目アラタが結婚に踏み切った理由とは……

「結婚」とは、恋愛のゴールか。夫婦のスタートか。はたまた人生の墓場か……。女性死刑囚との獄中結婚を描きながら、結婚とは何かを問いかける漫画『夏目アラタの結婚』が話題となっている。

 今年6月にコミック誌『ビッグコミックスペリオール』で連載が始まった同作を描くのは、『医龍 -Team Medical Dragon-』などでも知られる漫画家の乃木坂太郎氏。その乃木坂氏に、制作秘話を聞いた。

──主人公の夏目アラタは、勤務する児童相談所で出会った児童からある日「父を殺した犯人に会って来てほしい」と言われ、東京拘置所に面会に行きます。相手は【品川ピエロ】という異名を持つ女性の連続殺人犯、品川真珠。児童の父親の死体の一部の在り処を聞き出す目的で、結婚話が持ち上がります。そもそも本作で結婚をテーマにしようと思われたのはなぜでしょうか?

「『獄中結婚ってどうですか?』という話が担当編集からあって、面白いと思ったのがきっかけでした。それを舞台にしながら、普遍的なテーマを持っている『結婚』を切り口に広げていこうという感じで決まりましたね。

 結婚相手を見つけるのって難しいよなあとか、条件ありきで結婚相手を決めるものなのか、という日常的な疑問もあった。結婚について一瞬でも考えない人ってきっと、いないと思うので、男女問わず興味を持ってもらえるのではないかと」

──アラタは結婚に関して、11月29日発売のコミックス第1集の中で「自由がなくなる」とか「換気扇の下でタバコを吸わないといけなくなる」とか、ネガティブなイメージしか持っていないような描写が多いのですが、そういった思いは先生も抱いている……?

「僕は結婚していますが、実は、夫婦円満でして(笑い)。アラタと全く逆でポジティブな印象しか持ってないんです。結婚っていいなあって思っているところなんですよ(笑い)。でも、ぶっちゃけ、相手が今の奥さんでなければアラタのように思ったかもしれない」

──そういう人と出会えるかがなかなか難しいところですよね。

「その部分も含めて、結婚というテーマはいろいろ掘り下げられるポイントがあると思っています。出会うから結婚するって部分もあるだろうと思うのですが、じゃあその出会いの意味って何なのか、何があったら結婚ってGOなのか。自分なりの結婚に対する答えみたいなものにもたどり着けたらいいなと思っています」

関連キーワード

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト