ライフ

我が子が暴力、相手の母の視線を気にしてその場で叱るべき?

おもちゃを奪いたい年頃の子も(イラスト/たばやん)

 栃木県足利市に“奇跡の保育園”と呼ばれる認可保育所がある。その名も「小俣幼児生活団」。園児は、自ら考え決断できる、自立した子供に育つと評判で、入園希望者が絶えない。この保育園で現役で働く、92才の保育士・大川繁子さんには保護者から質問が絶えない。32才主婦からはこんな質問が寄せられた。

「うちの3才の息子は、ほかの子供と遊んでいると、相手のおもちゃを奪ったり相手を叩いたりすることがあります。子供同士のけんかなので、放っておいた方がいいのかもしれませんが、相手の子の“母親の視線”が気になり、つい、その場で息子を厳しく叱ってしまいます。こういう時、どうしたらいいのでしょうか?」

 大川さんは保育現場での経験を踏まえてこう答える。

「欲しいものは取る、取られたら取り返す。これは3才児のいたって正常な発達。当園では、棒を振り回すなど危ないことは止めますが、基本的に子供同士のけんかは見守るようにしています。

 少々わんぱくな子も、そのうち仕返しをされたり年長の園児が注意してくれたりして、卒園する頃には落ち着いているケースが多いですね。大人が口を出さなければ、子供同士で解決するようになります。

 当園での大人の役割は警察官や裁判官ではなく、“カウンセラー”。たくさんけんかをしたり、その仲裁をしてきた卒園生たちは、小学校でも“けんかの仲裁が上手”といわれていますよ。

 もし、厳しく叱っても、“あの時は言いすぎてごめんね。おもちゃが欲しかったんだよね。でも、お友達をぶつのは、ママ悲しいな”と、フォローを入れてみて。子供に寄り添いながら、ママの気持ちを伝えることが大切よ」

※女性セブン2019年12月5・12日号

92才の現役保育士・大川繁子さん(写真/楠聖子)

関連キーワード

関連記事

トピックス

北斗晶の長男が結婚、相手はレスラー
北斗晶、長男の妻となった女子プロレスラー門倉凛に「彼女の勇気を買うね」
女性セブン
上白石萌歌の入浴シーンでSNSが騒ぎに
『ちむどんどん』上白石萌歌、川口春奈の入浴シーン炎上に「騒ぎすぎでは」の指摘
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
部屋の入り口に感染対策のビニールを張る女将・豊田弘子さん
【ルポ前編】ドヤ街・山谷の感染対策「やれることは徹底してやった」簡易宿所の奮闘
週刊ポスト
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
NEWSポストセブン
青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン