ライフ

自転車で歩道走行、成人動画視聴… 逮捕か否かの線引きは

歩道を通行する姿はよく見かけるが…

 今年4月、池袋で旧通産省工業技術院の元院長(88)が起こした交通事故のように、母娘を死亡させながらも、送検に半年もかかったケースがある。この件は「『上級国民』だから逮捕されないのか」と話題になったが、実際、一般市民でも全く同じ行為をしていながら、“逮捕される”“されない”が別れる場合がある。その微妙な違いとは一体何なのだろうか。

 あまりに日常的で意識されることは少ないが、自転車に乗る際に誰もが逮捕される恐れのある行為がある。元検事で弁護士の田中喜代重氏が解説する。

「歩道を自転車で走ることは道路交通法違反になります。厳密には“自転車歩道通行可”の標識があるなどの条件により道交法に問われないケースもありますが、歩道走行中に歩行者にケガをさせてしまった場合は、まずアウト。道交法違反に加えて過失傷害罪に問われることになります」

 また、成人動画を視聴したことで罪に問われることもあるので注意したい。“グレー”な匂いが漂う「無修正動画」。そもそも日本ではモザイク無しのアダルト動画は販売や配信が禁止されており、違反したら猥褻物頒布等の罪に問われることになる。気になるのは、動画を視聴・購入する行為が犯罪になるかどうか。奥村徹弁護士が解説する。

「個人で海外の動画サイトから無修正動画を視聴したり、保存(所持)したりする分には罪に問われることはありません」

 あくまでも、「販売目的の所持」だけが処罰の対象になるという。一方で、所持するだけで罰せられるのが「児童ポルノ」だ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
東京五輪のない今年も?『オールドルーキー』など夏ドラマのスタートが早くなっている理由
NEWSポストセブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン