芸能

木下優樹菜「憔悴&激ヤセ」 2か月ぶりに笑顔のランチ撮

以前にも増してほっそりとした木下優樹菜

 いわゆる“タピオカ恫喝騒動”で芸能活動を休止中の木下優樹菜(32)の姿を独占キャッチした。11月下旬、ランチタイムの東京・西麻布。和風な店構えの飲食店で、木下は男性2人と食事をしていた。木下はもともとスレンダーな体型だが、この日は以前に比べてもやせ細っているように見えた。

「この店はしゃぶしゃぶが売りで、個室もあって落ち着いた高級店です。木下さんは所属事務所の幹部との打ち合わせで利用したようですよ」(芸能関係者)

 木下の恫喝騒動が表面化したのは10月。タピオカドリンク店の店長の女性A子さんと、そこで勤務していた木下の姉との間で起きた、給料の支払いなどをめぐるトラブルが発端だった。そこに、普段から店舗のPRを自身のインスタなどで行っていた木下が、姉に代わり参戦。「ウチら怒らせたらどうなるか教えてやろうか?」「事務所総出でやりますね」などと、ダイレクトメッセージを送ったというものだ。

 ところが、この文面をA子さん側がSNSで公表したことで状況は一変。攻撃的な文面が明らかになったことでネットを中心に大炎上したのだ。木下はすぐに謝罪のコメントを発表したが、騒動は沈静化せず、11月18日に事務所を通じて芸能活動休止が発表された。

 夫のお笑いコンビFUJIWARA・藤本敏史(48)の仕事にも影響が出ており、藤本は11月30日、読売テレビ『特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル』で、「ホンマにご迷惑をおかけして……本当に申し訳ございません」と謝罪。さらに「『(自分は)関係ない』って言ってくれる人もいますが、夫婦なので非難されても当然です」などと続けた。

 木下としては、姉を思っての“援護射撃”のつもりだったのだろうが、影響はあまりに大きく、騒動後は自宅からもほとんど出られない日々を送っているとも報じられた。そんな最中のランチ会には、所属事務所の幹部やその部下らが同席していたという。

「本人は家族のためにと思ってやったことでしょうが……憔悴して痩せた彼女のことを心配した事務所の方が、ランチで元気付けようとしたようですよ。騒動から2か月も経ち、最近はようやく彼女も明るさを徐々に取り戻しているそう。この日は笑顔も見せていたと聞いています。事務所とは今後についてなども話し合っているようですし、早く活動再開のメドが立つといいのですが」(前出・芸能関係者)

 ところで気になるのは、この日の木下の服装だ。暖かそうなニットのパーカーはミルクティー色。そして、着けていたマスクは黒っぽくて……偶然だろうが、タピオカミルクティーを思わせる配色だった。

事務所の幹部と打合せをしていたという

この服の色が連想させる…?

関連キーワード

関連記事

トピックス

前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
大江順一キャディ(時事通信フォト)
ブチ切れキャディー「武豊のようになりたい」「人気の薄い馬でも一気に人気高まる」発言で“炎上”の過去
NEWSポストセブン
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
5月に摘発されたハプニングバー「眠れる森の美女」
乱交パーティ、連続摘発の裏で「ハプニングバーvs個人主催者」の密告合戦
週刊ポスト
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト