• TOP
  • コラム
  • レアジョブ:国策も追い風 英語起点に事業拡げる高成長企業

コラム

2019.12.09 20:00  マネーポストWEB

レアジョブ:国策も追い風 英語起点に事業拡げる高成長企業

レアジョブ(6096):市場平均予想(単位:百万円)

◆企業概要

 レアジョブ(6096)は、「レアジョブ英会話」を手掛けるオンライン英会話の最大手企業。

 約6000人に及ぶフィリピン人講師(現役大学生か卒業生)を擁し、Skypeを使って「マンツーマン」英会話レッスンを提供しています。

 業界最安値レベルの料金設定と利便性が評価され、会員数は2007年の設立から右肩上がりで増加を続け(2018年3月末時点で約60万人)、設立以降11期連続増収を続けています。

 今後も、企業のグローバル化の進展や教育改革など国策を追い風とした成長が期待される高成長期待銘柄です。

◆注目ポイント

 成長ドライバーは個人向けから、成長余地の大きい法人向けにシフトしており、取り組みも活発に行われています。また長期的には、オンライン英会話サービス事業会社から総合的な英語教育サービス事業会社への脱皮を目指し、グローバルリーダーを育成する事業、および英語力のある人材と企業のマッチングなどを行うキャリア関連事業といった、英語を起点とした事業領域の拡大を図るとしています。

 さらに、同社のビジネスモデルは海外でも通用することから、海外展開による成長余地も残されています。直近はインドの現地オンライン英会話事業会社に出資する形でインド市場に乗り出しています。

 一方、財務状況は、自己資本比率46.3%、実質無借金経営です。借入れは4億円ほどありますが、金利の低い長期借入のみとなっており、長短ともに支払い能力も十分です。収益性改善により資本効率もUPしており、ROEは0.3%⇒14.4%に大幅上昇。

 健全な財務を基盤に、収益を生み出しながら事業拡大にも積極的と言うところで、M&Aの実施も考え得るところです。

【PROFILE】戸松信博(とまつ・のぶひろ):1973年生まれ。グローバルリンクアドバイザーズ代表。鋭い市場分析と自ら現地訪問を頻繁に繰り返す銘柄分析スタイルが口コミで広がり、メルマガ購読者数は3万人以上に達する。最新の注目銘柄、相場見通しはメルマガ「日本株通信」にて配信中。

関連記事

トピックス