芸能

94才・橋田壽賀子が語る 母・夫・姑 そして「私は二流」

現在は週3回、個人トレーナーについてトレーニングを行ったり、独身時代からの友人とよく一緒に旅をする。ともに夫を見送り、気楽な立場だ(撮影/森浩司)

 36年ぶりに再放送中の『おしん』(NHK BSプレミアム)や、9月に放送された『渡る世間は鬼ばかり』(TBS系)の3時間スペシャルドラマなど、令和になっても、橋田壽賀子作品は人々の注目を集めている。そんな中、橋田は94年の人生で初の自伝的エッセイを発売。その素顔に迫るべく、取材陣は熱海へと向かった──。

『おしん』執筆のきっかけは、戦後すぐに山形を訪ねた時の経験からだ。地元の人が「この辺りでは、ついこの間まで多くの娘たちが、小学校を出るか出ないかの年で、米一俵と引き換えに奉公に出たものだ」と語るのを聞き、自分の境遇との差に愕然とし、作品の構想を温め続けた。

 貧困と闘ったおしんは生涯を、橋田自身は青春時代を戦争に翻弄されて生きた。戦争で奪われた命をたくさん見た。だから、橋田は、「人殺しは絶対に書かない」と言う。

 おしんの人生は、橋田自身の94年の人生とも多くの部分が重なる。先頃上梓した自伝的エッセイ『人生ムダなことはひとつもなかった 私の履歴書』(大和書房)では、これまで秘めてきた波乱の半生を綴っている。おしんとの違いは、橋田は経済的には何不自由のない家に生まれ育ったことだ。

「でも、子離れできない母のもとで、不自由な子供時代を送っているんですよ。父が、現在の韓国・ソウルで事業をやっていたので、私と母は大阪で2人暮らしだったんです」

 母親の愛情の“はけ口”は、ひとりっ子の橋田に集中した。

「私がひとりではさびしいだろうからと、山のようにおやつとおもちゃを用意して、友達を家に招くんです。当時のことですから、どこの家も子だくさんで、友達はみな、おやつもろくに食べられない。だから喜んでうちに来る。

 私は友達と遊ぶなんて面倒くさいことは嫌。ひとりで本を読んでいたいのに。女学校に行くようになってからは、帰りが少しでも遅くなると、電信柱の陰に隠れて母が待っている。私の欲しくない愛情を注いで、自分の思うとおりに育てたい、子離れできない母でした」

関連記事

トピックス

鈴木京香と小池栄子はプライベートではバトルような仲ではないという
『鎌倉殿の13人』鈴木京香と小池栄子 私生活では親友同士だからこその「壮絶バトル」
NEWSポストセブン
4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
高視聴率番組『笑点』に三遊亭円楽の不在がどんな影響を及ぼしているのか(『笑点』公式facebookより)
三遊亭円楽不在の影響じわじわ 若手起用も視聴率下降『笑点』の正念場
NEWSポストセブン
5月21日放送の「原発事故と甲状腺がん」が批判を浴びたのはなぜか(Tverより)
TBS『報道特集』「原発事故と甲状腺がん」の問題点 語られなかった科学的事実【前編】
NEWSポストセブン
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
もはや巨人戦中継もドル箱ではなくなった(時事通信フォト)
巨人戦のデーゲーム中継が視聴率2%台… 地上波からプロ野球が消える日
NEWSポストセブン
『第59回ギャラクシー賞』を受賞
ドラマ『運を拾う男』出演 草なぎ剛が語る“運”「ぼくは本当に恵まれている」
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン