スポーツ

池江璃花子、闘病の裏でコーチと苦渋の師弟関係解消

今年1月中旬、買い物中の池江選手

病魔が彼女から奪ったのは五輪の切符だけではなかった。誰もが羨むほどの良好な師弟関係を築いていたコーチとの蜜月は、唐突に終わりを告げた。彼は復帰を待つというが、それが現実的ではないこともお互いにわかっていた。2人が下した苦渋の決断──。

「地元の友達と、女子会を楽しめるまで回復しています。手足が細くなってスリムな印象です。本人は“食べられないものがいっぱいあって、筋肉が落ちちゃっただけ”と説明していたけど、この1年近い闘病生活がいかに大変だったのかが伝わってきました」

 池江璃花子選手(19才)の知人は、彼女の近況をこう明かす。白血病のため、昨年2月から入院していた池江選手が、昨年12月17日に退院したことを報告。そして、自身のインスタグラムなどに、2024年のパリ五輪を目指すと綴った直筆メッセージをアップした。

 東京五輪では、女子競泳界のエースとして金メダルの量産が期待されていた池江選手。気持ちを新たに4年後を目指すと宣言したことで、心配していたファンたちも安堵したに違いない。

 その一方で、“不可解な報告”に、日本水泳連盟の関係者たちは首をかしげる。

「池江選手は退院の報告と同時に公式ホームページ上で、東京五輪を共に目指す予定だった三木二郎コーチ(36才)との契約が、すでに解消されていたことを明かしました。2人の師弟関係は深く、何より池江選手が復活を諦めていないなら、彼のサポートが必要なはず。わざわざ発表したことで、“絶縁宣言”のように受け止めた関係者もいたほどです」(日本水泳連盟関係者)

 2人はまさに相思相愛の関係だった。2度の五輪出場経験がある三木コーチは、引退後はコーチに転身。イギリス留学などを経験して帰国した2018年春に転機が訪れる。当時高校3年生だった、池江選手のコーチ就任オファーが届いたのだ。

「当時の池江選手は、2016年のリオ五輪で活躍し、“日本水泳界の至宝”といわれていました。まだ実績の乏しい三木さんは躊躇しましたが、“このチャンスを生かしたい”という一心で引き受けた。三木さんはイギリスで“選手に選択肢を与え、自ら考えて行動させる”という指導法に感銘を受けた。選手と意見を言い合うため、時に衝突することもあるが、より深い師弟関係を築き上げることができる」(スポーツ紙記者)

関連記事

トピックス

NHK桑子真帆アナの魅力とは(写真/ロケットパンチ)
NHK桑子真帆アナ、どの番組でも一貫する信念「わからないことは『わからない』と言う」
週刊ポスト
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
女性セブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
エリザベス女王(写真/GettyImages)
晩年のエリザベス女王「お元気ですか」の質問に笑顔で返したユーモア溢れる答え
女性セブン
好きな女性アナで3連覇を果たしたテレビ朝日の弘中綾香アナ(写真/ロケットパンチ)
弘中綾香アナ、結婚相手は同い年のベンチャー企業社長だった「資産約15億円」「小栗旬似のイケメン」
NEWSポストセブン
熱愛が発覚した玄理と町田啓太
町田啓太と女優・玄理の交際、ファンをモヤつかせていた「お揃いルック」の数々
NEWSポストセブン
渡辺達生氏が撮影した三遊亭円楽さんの寿影
逝去の三遊亭円楽さん、4年前に撮影していた「遺影」ならぬ「寿影」
NEWSポストセブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン