• TOP
  • ビジネス
  • USJ再建の立役者が挑む「西武園ゆうえんち」刷新の高い壁

ビジネス

2020.01.24 07:00  NEWSポストセブン

USJ再建の立役者が挑む「西武園ゆうえんち」刷新の高い壁

来場者数が全盛期の4分の1まで減ってしまった「西武園ゆうえんち」

来場者数が全盛期の4分の1まで減ってしまった「西武園ゆうえんち」

 今年、開業から70年を迎える「西武園ゆうえんち」(埼玉県所沢市)。大観覧車や波のプールなどが人気となり、ピーク時の1988年度には約194万人の来場者数を誇ったが、近年は施設の老朽化や消費者ニーズの変化などに対応できず、2018年度は全盛期のおよそ4分の1の49万人まで来場者数を減らしてしまった。

 そんな窮地に陥った遊園地を蘇らせるべく、“ブランド再生請負人”ともいうべき男が立ち上がった。

「彼は日本ナンバーワンのマーケットクリエーター。私もずっと会いたいと思っていて、2年前に実現した。彼の持っているいろいろな知見やノウハウを、ぜひ西武グループ内に注入したいと思った」

 長らく西武グループを率いてきた総帥、後藤高志氏(70/西武ホールディングス社長)もここまで全幅の信頼を寄せ、同遊園地の全面的なリニューアルを一手に任せたのが、マーケティング支援会社「刀」の代表取締役CEOである森岡毅氏(47)だ。

 いったい、森岡氏とはどんな人物なのか。

「神戸大学経営学部を卒業後、米日用品大手のプロクター・アンド・ギャンブル(P&G)でマーケィング業務に携わり、ヘアケア商品のシェアを飛躍的に高めた。

 彼の名を一躍有名にしたのは、大阪にあるテーマパークUSJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)の再建。2010年6月に企画担当の責任者として招かれた森岡氏は、後ろ向きに走るジェットコースターや、映画『ハリー・ポッター』のエリアを新設して次々とヒット。来場者数を700万人から1400万人と倍増させ、“すご腕のマーケッター”として広く知られるようになった」(経済誌記者)

 USJ退任後、前出の「刀」を設立した森岡氏が次に手掛けたのが、トリドールホールディングスが運営するうどんチェーン「丸亀製麺」の立て直しだった。2018年、既存店の客数減が続いて危機感を募らせていたトリドール社の粟田貴也社長が、森岡氏に白羽の矢を立てたのである。

「森岡氏は、全店に製麺所を持ち“出来たての感動を届ける”という丸亀製麺のこだわりがまったく消費者に知られていなかったことに目をつけ、『ここのうどんは、生きている。』という、いわば同社の哲学的なテレビCMを打った。そして、来店客に継続的に好まれる商品開発や店舗オペレーションなどを並行して行った結果、16か月連続でマイナスだった客数が増加に転じた」(前出・経済誌記者)

関連記事

トピックス