芸能

江頭2:50がYouTubeチャンネル開設「世界のEGA」を目指す

YouTuberデビューした江頭2:50

 2月1日、芸人の江頭2:50(54才)がYouTuberデビューした。チャンネル名は「エガちゃんねる」。最初の公開動画では「お尻書道」と題して、江頭が尻に筆を差し「エガちゃんねる」と墨で書くという、いきなり過激なチャレンジに挑む。週4回(月・水・金・土)の配信を予定し、今後は「ネットにあふれる江頭伝説、ウソorホント」「江頭、草なぎ剛を語る」「ペットボトルロケット 股間で白刃取り!!」などの配信が予定されている。今回、江頭がYouTubeチャンネルを開設するに至った経緯とは?

「世界中の人々を笑顔にするため」という江頭は、YouTubeと自身の体を張った芸の親和性は高いと語る。「俺の芸は言葉が通じなくても分かるだろ? 全世界76億人に、男の生き様を見せてやるぜ! 俺は世界のEGAを目指す!」(江頭・以下「」内同)

 江頭と「世界」の話でいえば、2008年の北京五輪では全身金色タイツ姿で登場し、2012年のロンドン五倫でも金色のタンクトップ状姿で現地に登場し、海外からも「面白いヤツがいる」と評価されたこともある。元々海外の人からは面白がられる素地はあるだけに、江頭の「世界のEGAを目指す!」という宣言が出たのだろう。

 東京五輪まであと半年。それまで積極的にYouTubeに動画を配信し続け、外国から来た人が五輪の時に「知っている日本の芸能人は?」と聞かれたら「EGACHAN」「EGASHIRA」や「EGA」と答えるような状況を目指すという。

◆最大の敵は「コンプライアンス」

関連記事

トピックス

ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
かかりつけ医の見つけ方(写真/GettyImages)
最高の「かかりつけ医」を見つけるために…チェックすべきは「話し方」
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン