• TOP
  • 芸能
  • NHKドラマ10は秀作揃い 今期のシシド・カフカもキレキレ

芸能

2020.02.01 16:00  NEWSポストセブン

NHKドラマ10は秀作揃い 今期のシシド・カフカもキレキレ

番組公式HPより

 ドラマウォッチャーを自認する人であれば、放送局ごとのドラマ枠についてきっと一家言持っているはずだ。作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が指摘する。

 * * *
 何という奇妙な迫力を放つ作品か? 常識の枠をはみ出すインパクト大! NHK「ドラマ10」枠で放送されている『ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~』(金曜午後10時)は役者好き・芝居好き・映像好きにはたまらない不可思議な魅力を放っています。原作は人気ミステリー作家・若竹七海氏の「女探偵・葉村晶シリーズ」。

 物語は……クールな女探偵が次々に事件に遭遇する展開。主人公ハムラアキラ(葉村晶)を演じるのは、ドラム演奏者・女優として活躍するシシド・カフカです。アキラは「白熊探偵社」の探偵で、その生活は質素なアパート暮らし、持ち物はほとんどなくて服装はモノトーンで趣味はミステリーの読書。

 とにかく、この主人公のハードボイルドぶりが生半可ではない。前髪をバサリと前に下ろし化粧っけゼロ、ぶっきらぼうでニコリともしない淡々とした口調。情に流れない切れ味の良さ。シシドさんご本人も「晶は足ぐせの悪い女」と語っているだけあって、男のように足を大きく開いて座る。ドラマーとしての演奏風景ともぴたり重なるキャラ。危機となれば相手の股間を蹴って逃げるあたりはハードロッカー。

 独白もいい。トツトツと語る口調が乾いていて都会の砂漠を思わせる。従来「ハードボイルド探偵」といえば、男性が演じるのがお定まりでしたが、その幅をぐぐっと広げてくれた。という意味でも今後のドラマ界に大きく貢献しそうです。

 一方、シシドさんのキレキレの演技を受ける役者たちも光っている。例えば第一話、姉の珠洲役を演じたMEGUMIの「はすっぱな女ぶり」は超一級。この人にしか演じられない自堕落さ、崩れ具合が実にいい味を出してしました。そして、付きまとう謎の男には村上淳が。またまたダークでやさぐれ感がはまりすぎのキャスティングです。

 エリートの岡田警視役は原作にないオリジナルのキャラクターですが、演じる間宮祥太朗さんとシシドさんの掛け合いのテンポは心地よく、セリフも無駄なく練り上げられています。その上、カメラワークも独特で斬新、音楽もセットも小道具も凝りに凝っている。

 ……と褒めたくなる点ばかりですが、何よりも驚かされるのは「NHK総合チャンネル 金曜夜10時」、まさしく黄金時間帯に正々堂々とこんな風変わりなアングラドラマが放送されていることでしょう。「風変わり」というのはもちろん最大の褒め言葉。定型の枠から大胆に外れて跳ねていく、作品性の豊かなドラマという意味です。

 さかのぼって眺めてみると「ドラマ10」という枠は、実に攻めの姿勢を見せている。なぜならこの枠から生まれ出てきたドラマの数々が、全てとは言いませんが、一度見たら終わりでなく何度も咀嚼したくなる秀作揃いだからです。

関連記事

トピックス