• TOP
  • ライフ
  • “パクチーボーイ”管理栄養士が教える異国感漂う本格派鍋

ライフ

2020.02.04 07:00  女性セブン

“パクチーボーイ”管理栄養士が教える異国感漂う本格派鍋

豚肉とにらの黒こしょうオイスター鍋

 具材を切ってスープと一緒に煮るだけでOKな鍋料理は、ひとり暮らしでも重宝するメニューのひとつだ。とはいえ、同じ味では飽きてしまう。そこで管理栄養士のエダジュンさんにちょっと変わったオススメのエスニック風鍋について聞いた。

【教えてくれたのは…】
料理研究家・エダジュンさん/管理栄養士。『Soup Stock Tokyo』を経て独立。アジアご飯やパクチー料理が得意。著書に『鍋の素 極旨・鍋スープの作り方 バリエーションは無限大!』(PARCO出版)など。

◆スパイスを利かせてアジア気分を満喫

 家庭で作れるエスニック料理やパクチーレシピを日々研究し、「パクチーボーイ」としても活躍するエダジュンさんが得意とするのは、異国感漂う本格派のアジア鍋。「グリーンカレーのペーストを牛乳で伸ばしてお鍋にアレンジ。アボカドやレタスは煮込むと食感が変わっておいしいですよ。旨味とコクのあるオイスターソースも鍋のだしにぴったりなんです!」

◆豚肉とにらの黒こしょうオイスター鍋

●材料(2~3人分)
豚バラ薄切り肉:150g、にら:1束、白菜:1/8株、にんにく・しょうが:各1片、鷹の爪:1本、ごま油:大さじ1、水:3と1/2カップ、オイスターソース:大さじ2、春雨:40g、塩:少量、粗びき黒こしょう:小さじ1

●作り方
【1】豚肉は6cm幅、にらは4cm長さ、白菜はひと口大に切る。にんにくはみじん切り、しょうがはすりおろす。鷹の爪は種を取り除く。
【2】鍋にごま油を熱し、弱火でにんにく、鷹の爪を炒める。にんにくの香りが立ったら、中火にして白菜をさっと炒め、水を加えてひと煮立ちさせる。
【3】白菜がしんなりしたら、しょうが、オイスターソースで味付けし、豚肉、にら、春雨を入れて軟らかくなるまで煮る。塩、黒こしょうを振る。

【〆におすすめ】中華麺。焼きおにぎりを入れて崩しながら食べる。

関連記事

トピックス