• TOP
  • コラム
  • SNSが助長する“完璧なママ”幻想、女性を出産から遠ざける一因に

コラム

2020.02.06 15:00  マネーポストWEB

SNSが助長する“完璧なママ”幻想、女性を出産から遠ざける一因に

SNSでの同調圧力が出産のハードルに?(イメージ)

 日本における出生数はついに、統計史上初の90万人割れを記録した。厚労省が昨年12月末に公表した「令和元年(2019)人口動態統計の年間推計」によると、2019年の出生数は86万4000人。前年から5万4000人減少し、明治32(1899年)の統計開始以来、最も少なくなる見通しだ。

 女性の大学進学率・就業率が上がるなか、出産や子育てによって“失われる利益”は増す一方だ。勤務時間の短縮や昇進の遅れ、退職を余儀なくされるなどで、本来手にするはずだった収入が得られなくなるリスクが上がる。さらに、男性の育児休業取得に批判的な日本独自の「風土」や「雰囲気」など、女性の出産を阻む壁は数多い。

 家庭に目を向けても、女性の社会的役割に対する固定観念は今も根強い。団塊の世代が育った1950年代は、“専業主婦黄金期”。働かなくてよい主婦は豊かさの象徴だった。

 時代とともに女性の社会進出が広がると、「女性が輝く=これまでのように家事育児もやりつつ働く」との価値観が広がり、今に至る。

 しかし、1950年代当時にそれが可能だったのは、祖父母と同居していたり、地域のなかで子供を育てられたからだ。核家族化が進み、地域共同体が崩壊した現代では、こうした“成功体験”は、時に足かせとなる。『「家事のしすぎ」が日本を滅ぼす』(光文社新書)の著者で家事研究家の佐光紀子さんが指摘する。

「今の親・姑世代には“手間暇=愛情”という価値観があり、自分たちと同じ家事育児を子供世代に求めがちです。だから母親が子供を預けると“子供がかわいそう。愛情不足になっちゃうわよ”などと、いまだに白眼視されやすい。

 また子供世代にも“親が自分にしてくれたことを、働いていると子供にしてあげられない”という罪悪感を持つ女性が多い。こうした人々は、現実的にはとうてい不可能なのに、“社会が求める完璧なお母さんになろうと努力中”であることをアピールすることが重要だと、知らないうちに刷り込まれている」

 こんな“理想の母親像”は、現役ママ間の同調圧力でも助長されているようだ。SNSをのぞいてみると、子供の誕生日パーティーでは料理、ケーキ、お土産のお菓子まですべて手作り、飾りつけから余興のゲームまでプロデュースして、「インスタ映えする家事」を猛アピールする母親の多さに驚かされる。

 1月15日、タレントの辻希美(32才)が子供に作った使い捨て容器入り弁当の写真をブログにアップしたところ、「お弁当箱を洗うのも面倒なのか」「野菜が少ない」などと、激しくバッシングされた。すべてに手間暇をかける“完璧なママ”でなければ認めないという風潮が見てとれる。女性の働き方に詳しいジャーナリストの中野円佳さんが指摘する。

「一般のかたがSNSにアップするのは、出来がいい時の料理やお弁当がほとんどのはず。それを見て少しでも自分と違うと“自分だけ家事が完璧にできていない”と思いこんだり、“手抜き家事”に反発心を抱いたりしてしまう」

 そもそも家事や育児は「子供と家族のため」であるはず。しかし、今の日本では、ママ友やフォロワーに見せつけるための“パフォーマンス”と化していないだろうか。

 こうした「息苦しさ」も、女性を出産から遠ざける一因になっているはずだ。

※女性セブン2020年2月13日号

関連記事

トピックス