• TOP
  • コラム
  • 保育料を便乗値上げ!?幼児教育無償化になったはずなのに…

コラム

2020.02.14 10:00  たまGoo!

保育料を便乗値上げ!?幼児教育無償化になったはずなのに…

保育料を便乗値上げ!?幼児教育無償化になったはずなのに…

2019年10月より、幼児教育・保育の無償化がスタートしました。これによって幼稚園・保育園に子どもを預ける家庭の負担が軽減するものと喜んでいたら、なぜか保育料が値上げに??そんなご家庭が少なからず存在するのが現状です。
なぜそんなことが起こっているのか?今回はその実態について解説していきます。

「保育料を便乗値上げ」といわれている理由

保育料の無償化に伴って、家庭での負担が軽減する!と喜んでいたのに、なぜか支払いが増えるというお知らせが。そんな現実に戸惑っているご家庭も少なくありません。なぜ便乗値上げといわれているのでしょうか?

無償化のタイミングで保育料を値上げした園がある!

2019年10月より保育料が安くなると喜んでいた幼稚園に通う子どものママ。2万5000円支払っていたところ、2万5700円が無償となるはずでした。それなのに、保育料と副食費で7000円ほど値上げするとのこと。そうなると、親としては支払いが安くなるものの、約6000円を支払うことになります。実際は安くなるのでありがたいことですが、何となくモヤモヤしてしまいますよね。

政府はその実態を把握する予定

実際に正当な理由で値上げしているのかもしれませんが、なかには「無償化」というタイミングをうまく使って便乗しただけの単純な値上げということも考えられます。その値上げ分はどのような名目で使う予定なのか?具体的な数字で示してもらえないと、その実態はわかりません。
政府としても、「子育て世帯の負担軽減」「質の高い教育を受けられるように」という本来の目的が、園の利益になってしまっている可能性があるとして、今後はその実態を調査することを考えていくとしています。

値上げをしたその理由は?

そもそも値上げをするといっている認可外保育園や幼稚園は、なぜに値上げをするのでしょうか?そしてなぜ便乗といわれるのか、考えられる理由や園の回答について見ていきましょう。

施設運営を強化するため?

値上げの理由として園がお知らせしているなかに、「施設運営の強化・充実」などがあります。この背景には、保育士の増員や建物の老朽化に伴う施設の改修なども含まれるでしょう。確かに全国各地にある幼稚園・保育園は、長らく同じ施設を使ってきて少しずつ改修をしながら使っている園も多いです。しかし、この無償化のタイミングで値上げとなると、計画性のある値上げとは言い切れないのが本音です。

無償化に伴い事務量が増えたため?

無償化によって書類作成などの仕事が増え、事務量が増えたために値上げをするという園もあります。しかしこれについては、政府も疑問を持っているようで、国民から見ても本当なのかどうなのか気になってしまう理由ですよね。値上げの理由や内容が妥当なものなのか、都道府県などでも十分確認するよう政府から指導が入っているようです。

「保護者に伝える義務はない」という園も

園によっては、上記のような理由を説明されるケースもありますが、中には「保護者に伝える義務はない」などと明確に教えてくれないこともあるようです。そうなると、子どもを預ける親としては何となく不信感を持ってしまうのも致し方ありません。昨今では待機児童問題なども深刻で、子どもを預けられる施設があるのはありがたいこと。適切にお金が使われているのであれば納得がいくのでしょうが、本来の目的がわからないと何となく不安になってしまいますよね。

そもそも保育料無償化は全員・全額無償ではない!

そもそも「保育料が無償化」という言葉ばかりが注目され、幼稚園・保育園に通うすべての子どもたちが無償化になると考えている人も多いのではないでしょうか?しかし、実際にはすべてが対象ではなく、保育料無償化となっても副食費など支払うべき費用がある人も多いのが実態です。ここで今一度、「保育料無償化」の内容について見ていきましょう。

無償となるのは利用料(保育料)

今回の改正によって無償となるのは施設の利用料(保育料)です。1号・2号・3号認定について対象とはなりますが、認定区分・世帯年収など、それぞれの家庭によって無償となる金額に上限があります。特に幼稚園では月額の上限が2万5700円となりますし、認可外保育施設など利用施設によって異なるため、すべてのご家庭が言葉通り「無償」となるわけではありません。

利用できる施設

1号認定幼稚園 (※) ・ 認定こども園
2号認定保育所 ・ 認定こども園
3号認定保育所 ・ 認定こども園 ・ 地域型保育 

(※)幼稚園には新制度に移行しない幼稚園もあります。その園を利用する場合は、認定を受ける必要はありません。

関連記事

トピックス