芸能

テレビの「お天気お姉さん」、求められる人材像の変遷

『バゲット』に出演中の宮崎由衣子

 季節によって気候に変化がある日本において、情報番組のお天気コーナーは欠かせない存在だ。その情報を伝える「お天気お姉さん」は1990年代から台頭した。女子アナウオッチャーの丸山大次郎氏が歴史を振り返る。

「お天気お姉さんの担い手はほとんどがタレントやそれに近い女子大生でした。きっかけは現役上智大生の久保恵子がフジテレビ『FNNおはよう! サンライズ』に出演し、爆発的人気になったことです。その後継番組『めざましテレビ』の角田華子や吉田恵、高樹千佳子といった後にMCとしても活躍するようなタレントが続き、“清楚で癒やし系”という独自のタレント像が生まれた」

 ブームの真っ只中にいた彼女たちは気象予報士の資格を持たない者がほとんどだった。多くの民放番組は “裏方”の気象予報士に原稿制作を依頼し、お天気お姉さんには番組の“顔”としての爽やかさやタレント性を期待していたといえる。

 それもそのはず、気象予報士の受験者は毎年3000人弱で合格者は約150人、合格率「5%」という狭き門で、候補者がいなかったのだ。近年少しずつ増加したことで、「有資格者」の需要が高まっているという。多数のキャスターが在籍する気象予報会社「ウェザーマップ」の広報担当者が語る。

「ここ数年、キー局・地方局を問わずお話を数多くいただくようになりました。放送直前に天気が変わった際の対応力や、異常気象の際に実践的な動きができる人材がこれまで以上に求められているようです」

関連記事

トピックス

絶頂期のブルゾンちえみ。2017年撮影(時事通信フォト)
《ブルゾンちえみ》独立で芸名使えなくなった藤原しおり「SNS全閉鎖」の背景に“苦渋の決断”
NEWSポストセブン
『ガオレンジャー』出演中の金子昇と小学生のころの次女・のあさん
「俳優をやめて実家へ」金子昇がコロナ禍での引退覚悟を語る その父の背中を見て育った18歳の愛娘が芸能の道へ
NEWSポストセブン
大阪桐蔭・前田
“アウェー”の甲子園で敗れた前田悠伍の誓い 大阪桐蔭史上最高の投手を「目指したい」
NEWSポストセブン
65才の2人を目撃
《65才とは思えない》ピンク・レディーのミーとケイ「すごい現役感」驚愕の私服姿
NEWSポストセブン
“NHK御用達”“灘から東大”超エリートピアニストの不倫密会を女性が告発 「妊娠したらどうしようと不安だった」
“NHK御用達”“灘から東大”超エリートピアニストの不倫密会を女性が告発 「妊娠したらどうしようと不安だった」
女性セブン
フジテレビ女性アナの意外なエピソードも(写真は宮司愛海アナ/ロケットパンチ)
宮司愛海アナはアニソン好き、佐久間みなみアナの弾き語りはプロ顔負け…フジ女性アナのすごい特技
週刊ポスト
シャンパンファイトでは率先して輪の中心に(写真/共同通信社)
大谷翔平の食生活 得意料理はパエリア、酒は飲めるが必要性を感じないため飲まない
女性セブン
みきママが離婚発表、“シングルファーザー宣言”の元夫に直撃 親権は「まだ決まってない」
みきママが離婚発表、“シングルファーザー宣言”の元夫に直撃 親権は「まだ決まってない」
女性セブン
スーツ姿のサマになる(2022年。写真/共同通信社)
大谷翔平、ブランドと契約し「チームでいちばんダサい」から脱却 ヘアカットは水原通訳と近所の理髪店
女性セブン
「中村さん」と呼んでいた水トちゃん
水卜麻美アナの結婚秘話 中村倫也が交際バレないために芸能人御用達マンションに引っ越し、呼び方は「中村さん」
女性セブン
岸谷香&五朗の長男が
岸谷五朗&香夫妻の長男が、金髪ロン毛、口ピアスのYouTuberになっていた「小室圭さんを救いたい」発言も
女性セブン
介護ポストセブンがキャンペーンを実施中
【Amazonギフト券総額10万円分プレゼント!】無料読者会員サービス「介護のなかま」大募集!
NEWSポストセブン