国内

五輪は誰のもの?一部メディア、代理店、建設会社だけ儲かる

”開幕1年前イベント”に出席する安倍晋三首相、トーマス・バッハIOC会長、森喜朗東京オリンピック・パラリンピック組織委員会会長、小池百合子東京都知事

 東京での五輪開催が決定したのが2013年9月7日。以来、大小様々なトラブルが頻発。エンブレム盗作疑惑、新国立競技場完成するも「座席が狭い」「椅子が固い」「トイレが汚い」などの不満続出、マラソンの札幌開催への変更などなど…。

 本来、選手が主役であるはずの五輪。しかし、数々のトラブルを見ていると、選手は蚊帳の外だ。神戸大学大学院現代文化論教授の小笠原博毅さんはこう指摘する。

「IOCは4年に1度、五輪をやっているという事実を積み上げていくことの方が大事なのであって、別に東京開催でなくてもいいんです。貴族階級の人たちが世界規模のイベントを司っているということが示せればいい。五輪のスケジュールはアメリカのテレビ局の都合に合わせているということは既にあちこちで指摘されていますが、その通りで、五輪によってスポーツは政治や金と密接に結びつき、一大産業になっているのです」

 不満や不安があっても、一度決まったことは覆すことができない。それが問題だ、とコラムニストの小田嶋隆さんは苦言を呈する。

「招致が決まる前は反対意見も3割ぐらいはありましたが、いざ、決定するとそれを取り上げる新聞やテレビもなくなってしまった。また、決まってしまったら、グダグダ言わないで支えようという日本国民のメンタリティーもある。そうした日本人気質を利用して、押し切ってしまおうという考えがIOC、JOC、大会組織委員会、東京都の中にはあるのだと思います」(小田嶋さん)

 運営はIOCが牛耳っているといえども、その責任の所在は分散されているという。

関連記事

トピックス

三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
貴景勝
大関・貴景勝の横綱昇進にどうも乗り気じゃない相撲協会の思惑 「貴乃花の亡霊」の呪縛も
NEWSポストセブン
父・松重豊に似て高身長
還暦を迎えた松重豊 長男がTBSラジオで“大出世”、初孫誕生の吉報も
女性セブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、『めざまし8』に続き『朝生』にも出演せず 夫の会社トラブルで他局も追随か
NEWSポストセブン
,松本潤
Snow Manラウールのパリ・ランウェイ&インスタへの胸騒ぎ 第一の目的は「グループのレベルアップ」か
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
大塩さんの自宅から離れたところに規制線が
「『ルフィ』強盗団が恐い」狛江市強盗殺人事件の近隣住民からあがる悲痛の声
NEWSポストセブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
子煩悩だった千葉さん。幼いころの真剣佑(右)と郷敦(左)
【秘蔵写真公開】新田真剣佑&眞栄田郷敦が同時結婚、千葉真一さんは2人のお相手の人柄を絶賛していた
女性セブン
佐々木容疑者が68歳男性と住んでいたマンション
68歳彼氏を刺した24歳女子大生 彼氏は警察に4回も相談、同棲アパートでは「女性の悲鳴」
NEWSポストセブン