• TOP
  • 特集
  • 新人セクシー女優調査 なったきっかけは「応募」が67%

特集

2020.03.04 15:59  週刊ポスト

新人セクシー女優調査 なったきっかけは「応募」が67%

彼女たちはなぜ決断したのか

 毎年新顔のセクシー女優は話題になるが、令和になってからデビューした女優も多い。そんな令和デビューのなかから44人に今回アンケート調査を実施し、この仕事を始めたきっかけやプライベートについて聞くと、興味深い結果が出た。

Q.セクシー女優になったきっかけはなんですか?

スカウトは減った

 誰しも興味があるこの項目では、近年の取り締まり強化の影響か、スカウトによる業界入りは一昔前に比べ減少傾向が見られた。「求人を見て自分から応募」が3分の2(66.6%)を占め、自発的に女優を志す女性が多いことがわかる。「その他」(11.9%)の中には「知人の紹介で」の回答も多かった。

Q.セクシー女優をやろうと思った動機は?(複数回答可)

“きらい”だったらできない

 最も多かったのは「“する”ことが好き」という回答で、19.4%だった。また、明日花キララや紗倉まななど一般メディアに登場する女優の影響や、ネットなどで女性も作品に触れやすくなったからか、「業界に憧れていた」女性が多かった(次点、18%)。その他、「美意識を高めるため」「芸能活動として」などとともに「恵比寿マスカッツに憧れて」という回答もあった。

Q.これまでの経験人数は何人ですか?

経験はまちまち

 経験人数1桁という回答が半数以上(55.7%)を占める。未経験という回答者が1人だけいた一方で、最多だった回答者の経験人数は1500人だ。経験人数と年齢には相関関係は見られず、最多1500人の女優(水沢つぐみ)は22歳だった。

関連記事

トピックス