国内

臨死体験の研究者「その存在に納得がいきます」の根拠

臨死体験により生死の境界を認識することで、死への恐怖が和らぐ人もいるという(イラスト/たばやん)

 20年前。年老いて小さくなった祖母の体にかかる真っ白な布団が、呼吸のたびにかすかに上下していた。危篤の知らせを受けて病院に駆けつけた家族が必死に呼びかけるが、次第に反応がなくなっていった。ひと呼吸ごとの間隔が長くなり、いよいよと思ったそのとき、田代有希さん(43才・仮名)は天井の片隅が急に明るくなったことに気づいた。

「もともと霊感が強い体質だったこともあり、それに気づいたのは私だけでした。ほかの人に見えていないその光は、どんどん明るさを増しながら、天から降りそそいでいました。それに私の体が触れたとき、経験したことがないほどの凄まじい吐き気に襲われました。

 ああ、これは私が触れてはいけない光だ──そう思った次の瞬間、祖母の体がビクビクッと上下したかと思うと、まるでさなぎが羽化するかのように、体から魂が抜け出てきました。そして天井から降りそそぐ光に吸い込まれるように、昇って行ったのです。

 光が降りそそぎ、人が天に召されていく様は、まるで映画『ゴースト』のワンシーンのようでした。いま思えば、あれはお迎え現象だったのでしょうね」

 死を前に、お迎え現象や臨死体験、虫の知らせなど不可思議な現象に遭遇した、またそういう話を聞いたことがあるという人は多いだろう。私たちはそうした現象をどう捉えるべきなのだろうか。

◆生死の境で“別の人生”を体験

 東久美子さん(当時26才・仮名)は、出産時に臨死体験をした。

「子供を産んだ後、明るい光が差して頭の中が真っ白に。次の瞬間に色とりどりの花が咲くお花畑と、その先にきれいな水が流れる小川が見えました。そこに人が2~3人いて、ニコニコとこっちを見て笑っている。“私、死ぬんだなあ”と思いつつも怖さはなく、その笑みに誘われるようにあちらに行きかけたそのとき、自分の名前を呼ぶ母親の声に気づいてハッと目が覚めました」

 萩尾智也さん(当時13才・仮名)は池で溺れたときに臨死体験をした。

関連キーワード

関連記事

トピックス

ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
有吉弘行は上島さんと交流があった
「上島竜兵さんの死を笑いに変えたい」に見える芸人たちのもがきと苦しみ
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン
ユニクロの対応から考える「ロシアに進出する外資企業」の身の振り方
ユニクロの対応から考える「ロシアに進出する外資企業」の身の振り方
マネーポストWEB