芸能

アイドル熱愛でファンがアンチ化する心理、香山リカ氏解説

“ホストの囁き”と似た効果も?(イラスト/白ふくろう舎)

 令和初の冬は芸能ニュースが花盛り。昨年11月の嵐・二宮和也(36才)の電撃結婚発表に始まって、今年もまだ3か月しか経っていないのに櫻井翔(38才)のベトナム婚前旅行のスクープ、東出昌大(32才)と唐田えりか(22才)の不倫、韓国ではチャンミン(東方神起・32才)の熱愛、ヒチョル(SUPER JUNIOR・36才)とモモ(TWICE・23才)の熱愛発覚、チェン(EXO・27才)の結婚など、出るわ出るわ。そのたびにファンの心はかき乱されてる…つらっ! そこで、ニノファン歴15年の女性セブンの記者・よし子が、熱愛スクープに振り回されないための方法を専門家に聞きました。

【プロフィール】
精神科医・香山リカさん/精神科医・立教大学現代心理学部映像身体学科教授。専門は精神病理学。豊富な臨床経験を生かした毎日新聞の長期連載コラムやエッセイなどの著書多数。近著は『オジサンはなぜカン違いするのか』(廣済堂出版)。

女性セブン記者・よし子/記者歴30年の52才。会社員の夫と大学生の息子との3人暮らし。趣味は嵐の追っかけと飲酒。座右の銘は、「転んでもただでは起きぬ」。

よし子:香山先生、私、深夜にSNSでニノの悪口を読んで、「いいね!」とか押したくなるんですが、こんなふうにファンがアンチ化してしまうのはどういう心理なのですか?

香山:自己責任で好きになったわけで、二宮さんの結婚でプライドが傷ついていても、費やした時間やお金は誰も補償してくれないのはわかっている。ですが、人はそういう状況になると、傷つけられたものを取り戻したい気持ちで、必要以上に傷つけられたと感じたり、その人に執着してしまうんです。

 時間が経てば、ある程度は落ち着きますから、SNSに悪口を書き込むとか、事務所に押しかけていくとか、極端な行動に走るのはやめた方がいいですね。冷静になったときに後悔する結果になるので。ところで、同じ二宮さんファンのお友達と慰め合ったりはしないのですか?

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン