• TOP
  • 特集
  • ネットTVで見られる「あの有名女優のお色気シーン」

特集

2020.03.12 15:59  週刊ポスト

ネットTVで見られる「あの有名女優のお色気シーン」

二階堂ふみも大胆シーンに挑戦した(時事通信フォト)

「登録は5分もあれば完了します。一度会員登録しておけば、パソコンだけでなく、スマホでも見られます。近年のテレビは最初から動画配信サービスのソフトが入っている製品も多いので、確認してみるといいでしょう。どこも基本は月額制で何作でも見放題ですが、作品によっては追加料金が発生するものもあります」(同前)

 有名女優の濡れ場作品という点で見ると、4つのサービスそれぞれに特徴があるという。まずネットフリックス。

「現在、NHK大河『麒麟がくる』に出演中の門脇麦が乱交パーティで乱れまくる『愛の渦』(2014年)や、二階堂ふみが初めて全裸を披露した『リバーズ・エッジ』(2018年)など、最近の作品が充実しています」(同前)

 一方、U-NEXTは往年の名作が多い。

「竹下景子が艶めかしい浴衣姿で濡れ場を披露する『祭りの準備』(1975年)や、畑中葉子が安いモーテルで突かれまくる『後から前から』(1980年)、十朱幸代がマグロ漁船で絡み合う『魚影の群れ』(1983年)など、1970~80年代の作品が厚い印象です」(同前)

 1990年以降も十分にカバーしており、高岡早紀の『忠臣蔵外伝 四谷怪談』(1994年)、黒木瞳の『失楽園』(1997年)、寺島しのぶの『ヴァイブレータ』(2003年)など、名女優が裸体を披露した作品の数々が配信されている。

 Huluはどうか。

「日本映画より海外ドラマが強い。とはいえ、浅丘ルリ子の『執炎』(1964年)や、小林麻美の『真夜中の招待状』(1981年)など、いいところを押さえている。日本事業部門を日テレが買収したことで、日テレ制作のオリジナルドラマが豊富です」(同前)

 前述した佐々木希主演の『雨が降ると君は優しい』も、そうした経緯で制作されたドラマである。

関連記事

トピックス