芸能

春風亭一之輔 演出に磨きを掛けた濃密25分の『浜野矩随』

春風亭一之輔の「浜野矩随」の魅力とは(イラスト/三遊亭兼好)

 音楽誌『BURRN!』編集長の広瀬和生氏は、1970年代からの落語ファンで、ほぼ毎日ナマの高座に接している。広瀬氏の週刊ポスト連載「落語の目利き」より、『笑点』の司会者を長く務めた五代目三遊亭円楽の十八番で一時間はかかる大作としても知られる『浜野矩随(はまののりゆき)』を、春風亭一之輔がコンパクトながら演出に磨きをかけて2020年に披露した様子ついてお届けする。

 * * *
 春風亭一之輔が今年『浜野矩随』をネタおろしした。初演は1月16日に日本橋公会堂で行なわれた桂吉坊との二人会。一之輔が『短命』で爆笑させた後、吉坊がネタ出しの『帯久』を1時間10分みっちりと演じ、休憩の後に吉坊が5分の小咄『七福神』を披露。『浜野矩随』をネタ出ししている一之輔が高座に現われたのは20時50分。「私の『浜野』はごく短いのでご安心ください」と前置きして本題に入っていく。

 矩随が若狭屋に三本足の馬を彫って持ってきた。それは彫り損じではなく、腰元彫りの名人と謳われた父の作品を真似たもの。若狭屋が「矩安さんは三本足で彫っても四本に見えたんだ。お前の彫るものにはお前が出てない」と叱ると、矩随は「若狭屋さんは彫り物師ではありませんから」と、言ってはいけない台詞を吐くが、若狭屋は辛抱強く「私は道具屋に命を懸けてる。お前も命懸けでやったらどうなんだ」と説く。

「お前の彫ったものを幾ら出しても欲しいと言う人が出てこないとダメなんだ」と言う若狭屋に、矩随は「お金のために彫っているのではありません」と口答え。若狭屋は「私がいつも一分で買ってるのは金じゃないって言うのか! お前はヘタなんだ、一分持って帰れ! 二度とうちの敷居を跨ぐな」と追い返す。

関連キーワード

関連記事

トピックス

橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
『鎌倉殿の13人』にどんな類似性が?(番組公式HPより)
『鎌倉殿の13人』は実録ヤクザ映画だ 鈴木智彦氏が分析する山口組との類似性
週刊ポスト
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
まさかの起用も?(時事通信フォト)
崖っぷちの岸田文雄・首相 政権延命のため菅義偉氏を官房長官に起用するプランも
週刊ポスト
日本代表の家族もそれぞれの応援席から必勝を願った(左から真野恵里菜と由布菜月/本人のインスタグラムより)
W杯カタール大会 熱い応援で盛り上げる選手の家族&注目サポーターたち
週刊ポスト
旧統一教会の被害者救済のため献身する全国弁連(時事通信フォト)
旧統一教会を追いつめる弁護団の軌跡 きっかけとなった「200万円の大理石の壺」
週刊ポスト
上海のウルムチ路でデモは起こった
習近平主席への「中国コロナ一揆」ルポ 天安門事件以来となる“全土での抗議活動”に
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン