• TOP
  • コラム
  • 『映像研』で声優初挑戦の伊藤沙莉が語る「俳優とアニメの演技の違い」

コラム

2020.03.27 08:46  太田出版ケトルニュース

『映像研』で声優初挑戦の伊藤沙莉が語る「俳優とアニメの演技の違い」

『Quick Japan』vol.148(太田出版)

今年1月にアニメ化された『映像研には手を出すな!』で、主役の浅草みどりの声優に抜擢されたのが、女優の伊藤沙莉だ。伊藤は子役出身で、NHKの朝ドラでも活躍した経験の持ち主だが、声優には初挑戦で、しかもいきなりの主演。俳優とアニメの演技では何が違うのか? 2020年2月25日発売の『クイック・ジャパン』vol.148で、伊藤はこのように語っている。

「そうですね……表現の大げささ、ですね。マンガとかアニメも人間を描いていると思うのですが、一方で人間ではありえないような表現や動きがあって、それがいいところじゃないですか。演技にしても、ここに実写のようなリアリティを求めるのは逆に失礼かも、と思ったんです。夢の世界、空想の世界だからこそ伝わるものがあるわけだから、表現としてもこれまでとは違うチャレンジしようと」

ある部分、これまでの方法論を捨て、「表現はアニメに寄り添うものにこだわりました」という伊藤。今作では浅草が様々な擬音を声で表現するが、これも作品の大きなテーマになっているようだ。

「擬音は湯浅(政明)監督もかなりこだわられていて、アフレコの前に自ら実演もしてくださいました。プロペラの音や機械音って、みんながみんな本物の音を知っているわけではないと思うので、本格的な音を鳴らすというよりは、わかりやすく簡潔に表現しましたね。みんなが知っている『オノマトペ』というか。たとえば、『タタタタ』って声に出して表現すれば、走っているのがわかるじゃないですか」

映像研の3人を演じる声優とも、劇中の3人と同じような関係ができあがっており、アフレコ現場も楽しかったそう。今回の経験が女優業に役立つのはもちろん、声優としても今後の活躍が期待できそうだ。

◆『クイック・ジャパン』vol.148(2020年2月25日発売/太田出版)

https://www.news-postseven.com/wp-content/themes/nps2019_pc/images/太田出版ケトルニュース

関連記事

トピックス