• TOP
  • 特集
  • 松坂慶子、風吹ジュン、関根恵子 邦画濃厚ラブシーンの系譜

特集

2020.03.28 15:59  週刊ポスト

松坂慶子、風吹ジュン、関根恵子 邦画濃厚ラブシーンの系譜

秋本:そのあとやっと仰向けにしてくれて、関根恵子のおっぱいが拝めるわけです。で、股を開かせて、中村嘉葎雄が関根恵子のアソコをスケッチしたりしますが、私が好きなのはそのしばらく後に出てくる行水シーン。部屋の中で大きな盥に入り、中村嘉葎雄が関根恵子の体を洗うと、次に関根恵子が自分の胸を中村嘉葎雄の背中にこすりつけて洗い、中村が「まるでトルコだな」と喜ぶ場面です。そしてそのままセックスになだれこんでいく。

和田:ロマンポルノだけど、脱いでいるのは関根恵子だけなんですね。これは珍しい。

秋本:ほとんど関根恵子の裸を鑑賞するための映画ですよ。

螢:それにしてもショートカットの恵子さん、綺麗です。体のバランスも最高です。恵子さんには今でもいいから濡れ場をやってもらいたいですよ。

和田:ただ惜しむらくは中村嘉葎雄がもう少し歳を取っていれば、もっといやらしい映画になったと思うんだけど。たとえば谷崎潤一郎原作の『鍵』(1974年)をやったときの観世栄夫なんかはいやらしいジジイの感じがすごく出ていた。もっと古い映画だと、『雁の寺』(1962年)の若尾文子演じる若い愛人と彼女を囲う寺の坊主を演じた三島雅夫の組み合わせも良かった。若尾文子は裸にはなってないけど、すごく淫靡な雰囲気が画面に漂っていました。

◆“普通”の中に魔性を隠し持っている

秋本:次は、これも東陽一監督の『ザ・レイプ』(1982年)。主演は当時27歳だった田中裕子です。

和田:これは落合恵子の同名小説を原作とした本来は社会派の作品ですよね。田中裕子演じる若いOLがレイプされ、裁判で事細かに聞かれてセカンドレイプを受けるという話です。

関連記事

トピックス