• TOP
  • 特集
  • 松坂慶子、風吹ジュン、関根恵子 邦画濃厚ラブシーンの系譜

特集

2020.03.28 15:59  週刊ポスト

松坂慶子、風吹ジュン、関根恵子 邦画濃厚ラブシーンの系譜

螢:『火宅の人』のときの原田美枝子さんは27~8でしょ? 今はもう61歳だけど、大人の女のラブストーリーを演じていただきたいですよね。

秋本:60を超えても恋愛体質で、ちょっと歯止めがきかなくなる感じの女性とかをやってほしいですよ。

螢:男はあたふたしつつも、女のわがままについていくしかない。そういうのがいいな。

秋本:映画の後半には緒形拳と松坂慶子との絡みがあります。

螢:僕は松坂慶子さんと何本かの映画でご一緒させてもらいましたけど、とにかく圧倒的に肌が美しいんです。ほんとに黒子(ほくろ)ひとつないんじゃないかと思うくらい白くて、綺麗なんですよ。

秋本:白磁の肌というやつですね。しかも吸い付くような質感があるし。

◆昔の日本映画には濡れ場巧者の男優がいた

和田:抱き合っている肌の感触が伝わってきて、自分が松坂慶子と抱き合っているような錯覚を抱いちゃう。これ、撮影は木村大作でしょ?

螢:そう、黒澤明監督からピント合わせを絶賛された名手です。男と女が寝たときに肌が合う、合わないという言い方があるでしょう。それで言うと、松坂さんの肌は多くの男に肌が合うと思わせてくれる。

関連記事

トピックス