芸能

三谷幸喜、香取慎吾は喜劇俳優として「三木のり平以来の逸材」

海外ドラマ風コメディーで再タッグ(撮影/田中智久)

 NHK大河ドラマ『新選組!』、映画『ギャラクシー街道』、舞台『日本の歴史』などなど、これまで何度もタッグを組んで最高のエンターテインメントを生み出してきた三谷幸喜と香取慎吾の最新作は、Amazon Originalドラマシリーズ『誰かが、見ている』。海外ドラマ風のコメディーだ。

 息ピッタリな2人の会話にも、笑いが止まらない。

「ぼくがお願いしたことに“なぜですか?”とか“無理です”とか絶対に言わないし、現場でせりふを変更してもすぐに理解してくれる。素晴らしいです!」

「シットコム」――観客を入れて舞台のようにノンストップで撮影するドラマ『誰かが、見ている』の収録現場で、香取を大絶賛するのは本作の脚本・監督を担当する三谷。

 以前の作品での香取の印象は、「せりふを覚えないでリハに来るし、いつも車の中で寝ててスタッフが起こしに行く、みたいな感じ」(三谷)

 しかし今回は少し様子が違うようだ。

「リハのとき半分くらいせりふを覚えてきていたし、ひとりだけ衣装着てたし、本番は誰よりも早く来て動きの確認してたし」(三谷)と、やる気満々の香取を愛情たっぷりにいじる。

「いや、そんなことないですよ! やる気がなさそうなのに、それなのにできちゃうっていう感じを出したかったんですから!!」(香取)

“やる気”を否定する香取だが、本番ではセットを全力で駆けまわり、客席は大爆笑の連続。

「喜劇俳優として日本を代表するひとり。三木のり平さん以来の逸材!」(三谷)

日本を代表する喜劇作家が太鼓判を押す、香取の最新コメディーは必見です!

【info】
Amazon Originalドラマシリーズ『誰かが、見ている』
■脚本/監督・三谷幸喜
■主演・香取慎吾
■2020年秋、Amazon Prime Videoにて独占配信

※女性セブン2020年4月9日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン