• TOP
  • ライフ
  • カラオケでなぜ音を外すのか? 最大の要因はカッコつけ

ライフ

2020.04.07 07:00  女性セブン

カラオケでなぜ音を外すのか? 最大の要因はカッコつけ

オバ記者がカラオケ100点おじさんに弟子入り!

“オバ記者”ことライターの野原広子(62才)が、編集M(50代)とともに、憧れの先生「カラオケ100点おじさん」ことシンガーソングライターの佐々木淳平さん(39才)に弟子入りした。

 入門した2人はまずは現在の実力で熱唱!オバが歌ったのは十八番、松田聖子の名曲、『赤いスイートピー』。オバにしては高得点の82.698点で全国平均をちょい上回った。Mは、柏原芳恵の『春なのに』で、85.261点。 2人とも佐々木さんの指導を受けると、オバが2.884点、編集Mが6.565点上げることに成功。

見事100点を出した佐々木淳平さん

  オバ記者が今回のカラオケ取材を振り返った。

 * * *

 言ったらナンだけど、自分の耳は確かだ思っていた。

 だからオペラを聴きに行けば、「音は正確だけど、それだけ。ちっとも響かない。まあ、並よね」と、まあ、偉そうに。

 それでもふと、わが身を振り返ることはあって、人前で歌を歌うのが年々、いやになっちゃった。よい耳を持っているはずの私が、なぜ音を外す? 声が出ない? 

 その答えが本日解明したの。最大の問題点は、妙なタメ歌い。歌ヘタをカバーしようとカッコつけていたのよね。

 その結果、途中で歌い遅れ、慌てて追いつこうとして音を外す。息継ぎは滅茶苦茶。苦しい。声が出ない。ああ、もうダメだ。

 ええい、こうなったらアクションでごまかしちまえ! とても歌の話とは思えないわよ。私のダメダメな性格、そのものじゃないの。

「それ言うなら私の歌の致命傷は、抑揚のなさ。思えば一本調子な半生そのものよ。わ~ん(泣)」

 編集Mちゃんと、しばしお嘆きタイム。と、愚痴っていたって、カラオケの点数は1点だって上がるもんじゃない。気を取り直して淳平先生から教わった、歌う前のストレッチ。「ぶ~、ぶ~、ぶ~」。

 唇を震わせる自主トレをしよっと。60の手習いはまだまだ発展途上中。

撮影/森浩司

※女性セブン2020年4月16日号

関連記事

トピックス