• TOP
  • ライフ
  • 【井上章一氏書評】歌舞伎役者が「男だけ」なのは最近のこと

ライフ

2020.04.10 11:00  週刊ポスト

【井上章一氏書評】歌舞伎役者が「男だけ」なのは最近のこと

『歌舞伎に女優がいた時代』小谷野敦・著

【書評】『歌舞伎に女優がいた時代』/小谷野敦・著/中公新書ラクレ/880円+税
【評者】井上章一(国際日本文化研究センター教授)

 かつて、歌舞伎の舞台には、女たちもあがっていた。そう聞かされて、江戸初期の出雲阿国を想いうかべる人は、少なくあるまい。彼女がはじめた女の歌舞伎は、いわゆる遊女歌舞伎を誘発する。しかし、それらは風儀をみだすと、幕府から禁止された。男だけが演じ手となる今日の歌舞伎は、そんな統制のせいで成立する。以上のように歴史の流れをとらえている人も、おおぜいいるだろう。

 しかし、出雲阿国の芸能が、のちの歌舞伎とつながるかどうかは、うたがわしい。あれは、女たちがになってきた中世芸能史の延長上に、浮上した。江戸歌舞伎の前身とは言いがたいところもある。

 また、江戸時代にも、女だけで演じられた芝居はあった。しかも、彼女らは江戸城の大奥や大名家の奥に、しばしばまねきいれられている。好き心がこうじて、女優の劇団までこしらえた大名さえ、いなかったわけではない。

 明治期の九代目市川團十郎は、二人の娘を舞台にあげていた。のみならず、長女には十代目をつがせようとさえしている。また、團十郎は女役者九女八を、高く買っていた。彼女が市川九女八と名のることも、いくつかの条件はつけたが、みとめている。

 六代目の尾上菊五郎も、ひとりの女弟子に目をかけた。尾上菊枝として、彼女を名題にとりたててもいる。時代を代表する女優たちは、女の演じる歌舞伎を否定していない。明治期には、むしろその育成をあとおししようとさえしていたのである。

関連記事

トピックス