芸能

鈴木亮平が全米デビューへ 後押ししたのは渡辺謙だった

重要な役柄で全米デビュー(写真/GettyImages)

 俳優・鈴木亮平(37才)が、全米で配信がスタートする米国ドラマ『トウキョウ・バイス』に出演することが、分かった。同ドラマは、元新聞記者のジャーナリスト、ジェイク・エーデルスタインが日本の裏社会に迫った著書『トウキョウ・バイス アメリカ人記者の警察回り体験記』のドラマ化。ハリウッドで最も有名な日本人俳優の渡辺謙(60才)が、主人公ジェイクの父親的存在のカタギリ刑事を演じて、製作総指揮(エグゼクティブ・プロデューサー)もする、注目の作品だ。

 大手ワーナーメディアの映像配信サービス「HBO Max」の目玉ドラマで、本格的な米国デビューを飾る鈴木の役柄は、主人公と対立する暴力団幹部という重要なポジション。配信スタートは5月が予定されていたが、新型コロナウイルスにより現在撮影は休止中。

 大手芸能プロダクションのあるマネジャーは「亮平さんといえば、186センチのマッチョボディーで肉体派俳優の印象が強いですが、実は英語がペラペラの超インテリです」と話す。東京外語大外国語学部出身で、実用英語技能検定1級の持ち主だ。

「筋トレだけでなく、何事にもストイックで並外れた集中力を発揮する。英語も、そんな姿勢で会得したようです」(同前)

 2015年までは、ハリウッドのエンターテインメントを紹介する米国大手放送局FOXの情報番組「FOX BACKSTAGE PASS」で、3年間もMCを務めていた。

 とはいえ、そんな実力を持つ鈴木でも簡単にデビューができないのが、エンタメの本場米国。カギを握っていたのは、製作総指揮の1人、渡辺謙だった。渡辺の知人は「鈴木さんの出演を後押ししたのは、謙さんです。以前から、鈴木さんを高く評価していたのです」と明かした。

関連記事

トピックス