国内

コロナ感染者告白する意外な“危険地帯”「回数券のせいで…」

ネイルサロンは女性客が増えているという(Ph:Getty Images)

 40.6%──この数字がいまの日本の状況を示している。新型コロナウイルス感染者のうち、感染経路が特定されていない人の割合である(厚労省発表、4月1日までの状況)。すでに、感染者5人のうち2人の感染経路がわかっていないのだ。

「実際、自分もどこでどう感染したのか、はっきりしないんです」と語るのは、都内で飲食店を営む男性Aさん(48才)。

 3月上旬に39℃の熱が出て体調が悪化し、近所のクリニックや総合病院など3つの病院を転々としたのち、レントゲンで肺に影が見つかった。その後、PCR検査で陽性が判明。都内の感染症指定の総合病院に入院後は人工呼吸器をつけるほどの危険な容体だった。

「2月下旬までは感染者数が少なかったこともあり、発症前は不特定多数の人と外食を繰り返していました。感染発覚後に保健所の聞き取り調査がありましたが、感染経路は特定できなかった。ただ、いまにして思えば、“あそこに行かなければよかった”と後悔する場所がかなりあります」

 そう語るAさんは幸いにして病状が回復したが、Aさんが入院した病院では3月下旬、志村けんさん(享年70)が亡くなった。それを考えると身の縮む思いでいる。Aさんが続ける。

「外食先も感染源の1つだと思っていますが、怪しんでいるのはスーパーやコンビニです。職業柄、買い出しによく行くんですが、店内にあるカゴやカートって不特定多数の人が触るじゃないですか。そこからの感染だと思っています。というのも、私は花粉症で、がまんできずにカゴなどを触ったその手で直接、目をかいたことがあったと思うんです」

 飲食店を営むAさんはもう1つ、気にかかったことがあるという。

「営業中に運んでいたビール瓶やワインボトルなどのドリンク類や、食材が入った段ボールやパックなどが気になりました。あれだって、多くの人の手に触れて運ばれてくるわけですよね。

 普段の生活では特に、口をつけて飲むペットボトルや缶コーヒーの飲み口は要注意のような気がします。そこまでわざわざ拭いている人って、めったにいませんよね」

関連記事

トピックス

悠仁さまはクラスに馴染もうとされているという(時事通信フォト)
悠仁さま「校内でも常に警護」 筑附名物行事中止で遠のく「高校デビュー」
週刊ポスト
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト
佐藤浩市
佐藤浩市 デビュー当時の撮影現場での厳しさ振り返り「叱ってくれた大人に感謝」
女性セブン
良原安美アナ
『サンジャポ』抜擢のTBS・良原安美アナ 「読書家」の素顔明かす
NEWSポストセブン
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
神戸山口組幹部自宅に車両突っ込み 分裂抗争再燃か、変化する六代目山口組の動き
週刊ポスト
aiko
「年下の塩顔ファンと電撃婚」aikoの匂わせ曲と変わらないファンへの神対応
NEWSポストセブン
妻・国分佐智子と歩く林家三平
国分佐智子の美貌健在「落語界一の美人妻」抱える林家三平にTikTokナンパ疑惑
NEWSポストセブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン
上島竜兵と有吉弘行
上島竜兵さんへの有吉発言にあらぬ批判 「2人の関係性を分かっていない」との指摘
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
2009年、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』いい夫婦プレミアム試写会に出席した上島夫妻
上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! RIZIN・榊原信行代表が疑惑に大反論ほか
「週刊ポスト」本日発売! RIZIN・榊原信行代表が疑惑に大反論ほか
NEWSポストセブン