• TOP
  • 芸能
  • さまぁ~ず大竹、外出自粛で妻・中村仁美に愚痴られパパ的行動

芸能

2020.04.17 07:00  女性セブン

さまぁ~ず大竹、外出自粛で妻・中村仁美に愚痴られパパ的行動

プライベートでも散歩。新型コロナの影響でロケは当分中止に

 新型コロナウイルス感染防止のため、外出自粛が求められている昨今。テレビ界でも、番組収録が中止・延期が相次ぎ、多くのタレントたちが自宅で待機することとなっている。仕事が激減するなか、タレントたちは意外な自粛生活を送っている──。

 お笑いコンビ・さまぁ~ずの大竹一樹(52才)も、自宅での生活を送っているひとり。普段、家のことは妻である元フジテレビアナウンサーの中村仁美(40才)に任せているタイプだという。

「大竹さんは私生活でもマイペース。子供が熱を出すなどピンチのときでも“おれは仕事だから、よろしく”とだけ言い残して出ていってしまう感じで、子育てに関しては中村さんが孤軍奮闘していました。3人の男の子がいるから大変ですが、結婚10年たったいまもあまり変わらないとか。

 今回のコロナ騒動でも、中村さんは子供たちと一緒にマスクを手作りしたそうですが、大竹さんに“手作りマスクで防げるの?”と言われてしまったと、彼女がブログで愚痴っています(笑い)」(テレビ局関係者)

 それでもさすがに今回は重い腰を上げたようだ。4月上旬、大竹が長男と次男を連れて、自宅の近辺を散歩。パパらしい姿を見せていた。

子供のおもちゃを買いに出かけたが…

 緊急事態宣言が出されたことで、営業を自粛する店も多数。宣言から数日後、松たか子(42才)が、2007年に結婚したギタリストの佐橋佳幸(58才)とともに、娘を連れて買い物に出かけたのだが…。

「松さんは自宅にこもりっぱなしの娘さんのために、近所のオモチャ屋に出かけたのですが、コロナの影響で休業していたようです。“そうかぁ”と残念そうに引き返していました」(近隣住民)

 芸能人たちも、新型コロナウイルスの影響のなか、モヤモヤする生活を送っているのだ。

※女性セブン2020年4月30日号

関連記事

トピックス