• TOP
  • 国内
  • 天皇陛下、スペイン国王と極秘電話会談 コロナで協力話し合う

国内

2020.04.18 07:00  女性セブン

天皇陛下、スペイン国王と極秘電話会談 コロナで協力話し合う

2017年4月、スペイン国王・フェリペ6世とレティシア王女の来日の際に親しく交流された(東京・千代田区 写真/アフロ)

 4月7日、天皇陛下(60才)とスペイン国王・フェリペ6世(52才)は電話会談を行った。

 スペインでは新型コロナウイルス感染者が16万人を超え、死者は世界で3番目に多く、1万7000人を超えた。そうした被害を受け、感染拡大に対しての日本とスペイン両国の対応や、パンデミックの解決に向けた連携、そして国際協力について話し合われたという。

「電話会談は日本で公に報道されることのない、外務省を通さず行われた極秘のものだったと聞きます。3月26日には、フェリペ国王の親戚にあたるマリア・テレサ王女(享年86)が新型コロナに感染し、命を落としました。ですから陛下はお悔やみも伝えられたことでしょう」(皇室ジャーナリスト)

 スペイン王室は、レティシア王妃(47才)と雅子さまの親交が深いことでも知られる。

「レティシア王妃は元国営放送のキャスターというジャーナリストで、雅子さまと同じ民間出身のプリンセスです。おふたりには気持ちが通じ合う部分も多いのでしょう。国王夫妻が来日する際には、とても親しく交流される姿が見られました。

 今回の電話会談も、そうした両国の信頼関係があったからこそ実現したと思われます。皇室と王室は手紙のやり取りをされるなど、普段からプライベートのおつきあいをされています。全世界を襲う緊急の事態に、他国の国王と直接の電話ができたのも、そうした普段の関係構築の賜物でしょう。

 こうした状況だからこそ、お互いに協力し合うことを誓われたのだと思います」(前出・皇室ジャーナリスト)

 両陛下がプライベートで親交を持つ海外王室は、スペインに限らない。イギリスやオランダ、ベルギーなど各国の王室とも普段からプライベートのやり取りをされているという。

関連記事

トピックス