• TOP
  • 芸能
  • 志村けんさん、『エール』の台本をボロボロになるまで読み込んだ

芸能

2020.04.24 16:00  女性セブン

志村けんさん、『エール』の台本をボロボロになるまで読み込んだ

撮影中、志村さんがアドリブを入れることはなかったという

「は、はじめまして…」。緊張で顔を強ばらせた窪田正孝(31才)が、声を振り絞るように挨拶する。その先にいるのは、志村けんさん(享年70)だ。

 5月1日、NHK連続テレビ小説『エール』に志村さんが出演する。『エール』は窪田演じる作曲家・古山裕一が、歌手を夢見る妻・音(二階堂ふみ・25才)とともに、数々の名曲を生み出していく物語。冒頭は窪田と志村さん演じる大御所作曲家・小山田耕三との初対面シーンだ。

 志村さんが俳優として出演するのは、高倉健さん(享年83)主演の映画『鉄道員(ぽっぽや)』(1999年)以来で、テレビドラマ出演は今回が初めてだった。

「これまでドラマ出演のオファーはいくつもあったのですが、志村さんは、“コントと違って、自分の間で勝手にやれないし、シナリオ通りにセリフを言えない。人から演出されるのは、どうも苦手で”と、断り続けていたんです。ですが、70才を境に第2の芸能人生として、俳優業にも力を入れていくつもりでいました」(志村さんの知人)

 満を持してのドラマ出演。志村さんは並々ならぬ覚悟で挑んでいたという。

「昨年の12月、初めての撮影時に志村さんの台本が、ボロボロだったんです。主演の窪田さんのものより擦り切れているほどで、どれだけ台本を読み込んできたんだろうと、同席したスタッフはみな驚きました」(ドラマ関係者)

関連記事

トピックス