• TOP
  • 国内
  • 「自粛警察」が暴走 正義中毒に陥らないためにすべきこと

国内

2020.05.08 07:00  NEWSポストセブン

「自粛警察」が暴走 正義中毒に陥らないためにすべきこと

◆暴走にブレーキをかけるのは誰か

 問題は、誰がその役割を果たすべきかである。

 行政が強制的な命令や罰則ではなく、「お願い」や「自粛」という方法をとる以上、「自粛警察」や「正義中毒」のような存在が現れることは当然予想できたはずだ。さらに自粛に従わず営業を続けるパチンコ店の名前を公表したり、高速のパーキングエリアで職員が他府県から来た人の検温を実施したりするなど、行政がある意味で行き過ぎた行為を誘発するようなことを行ってきた。

 またマスコミも、自粛要請にしたがわない人たちを執拗に追いかけて詰問するなど、彼らを「悪者」扱いしているケースが多々見られる。したがって「正義」の暴走にブレーキをかけるのも彼らの責任ではないだろうか。

 いずれにしろ日本社会はその性質上、このようなリスクを常にはらんでいること、そして今回の場合、憎むべき敵はコロナだということを改めて確認しておく必要がある。

関連記事

トピックス