• TOP
  • ライフ
  • 壇蜜「まあまあ好きで結婚」 佐藤愛子&小島慶子の新著評

ライフ

2020.05.13 07:00  女性セブン

壇蜜「まあまあ好きで結婚」 佐藤愛子&小島慶子の新著評

「激しい情愛」をぶつけ合って結婚したわけではないという壇蜜

 佐藤愛子さんと小島慶子さんが夫婦関係や人生について手紙をやりとりした単行本『人生論 あなたは酢ダコが好きか嫌いか』が刊行になった。『九十歳。何がめでたい』の発売から4年、変わらぬ怒り節を炸裂させる佐藤さんと、論客として知られる小島さん。世代も考え方も違う2人の“真剣勝負”は、こんな感じで展開される。

 *
佐藤愛子(96歳)×小島慶子(47歳)
「酢ダコ」をめぐる手紙のやりとり(本書より摘要)

佐藤愛子
世の中にはいろんな人がいます。…「蛸の酢のもの」を酸っぱいから嫌いだという人を、味のわからん奴、と怒ってもしょうがない。また、無理に嫌いでなくなろうと努力する必要もない。…今の時代は何かというと人の気持をわからなければいけないといい過ぎる…エイいちいちうるせえ、と私はいいたくなる。

VS

小島慶子
佐藤さんは酢ダコに対する多様性に寛容でいらっしゃるのですが、私は「どんなに不味い酢ダコに当たっても、美味いと言わねばならない」と頑なに思い込んでいるようなのです。酢ダコ原理主義です。…酢ダコ嫌いであっても「酢ダコは美味い」と言うべく最大限の努力をするべきだと思っているんですね。

 *
 そんな往復書簡エッセイ『人生論 あなたは酢ダコが好きか嫌いか』をタレント・壇蜜さんはどう読んだのか。壇蜜さんによる書評をお届けする。

【プロフィール】
壇蜜/1980年生まれ。テレビや映画、執筆業などで活躍。近著は『結婚してみることにした。壇蜜ダイアリー2』。

 * * *
 困った。解説するには私はあまりにも未熟すぎる。…そんな気持ちで綴ることをどうかお許しいただきたい。しかし、読み終えたあとに心底感じたのだから仕方がない。

 まず私は所帯を持ってはいるが持ったばかりだし子供もいない。おまけに(まだ)配偶者の勝手さに振り回されて心身ともにくたくたにもなっていない。そしてお金のために世の中に迎合しまくりの媚びへつらいすぎの生き方をしているからだ。全ては自分のため。お二方のように愛の深い人生は送っていない。いや、送りそうになったときもあった。

関連記事

トピックス