芸能

ソロキャンパー・ヒロシは「トランジション理論」のお手本

”密”を避けるのにソロキャンプは最適?

”密”を避けるのにソロキャンプは最適?

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になったニュースや著名人をピックアップ。心理士の視点から、今起きている出来事の背景や人々の心理状態を分析する。今回は、ソロキャンプブームの火付け役となった芸人ヒロシの転機について。

 * * *
 ソロキャンパーのヒロシに注目が集まっている。キャンプの様子を動画配信している「ヒロシちゃんねる」の登録者数は、すでに67万人だ。

 ヒロシと聞いてもピンとこない人もいるだろう。ここ何年も彼の姿をテレビで見ることはなかったからだ。でもそれが「ヒロシです…」という自虐ネタで大ブレークした芸人ヒロシと聞けば、「あぁ、あのヒロシね」と思い出す人も多いのではないだろうか。そのヒロシは今、ソロキャンプの世界で“先生”と呼ばれるまでになっている。

 ソロキャンプとはその名の通りソロでキャンプをすること。一人でキャンプに行き、焚火をしてご飯を作り、一人を楽しむ。昔から一人が好きだったというヒロシは一世を風靡しテレビに引っ張りだこになっていた時でさえ、一人ぼっちの印象が抜けない芸人だった。

 毎日、顔を見ない日はないくらい売れているのに、なぜかテレビの世界になじめていない、水が合わない、そんな感じを漂わせていた。だからなのか、思い出すのは困ったような寂しそうな表情か、照れたような小さな笑顔しかない。人気がなくなり、売れなくなってテレビから姿を消す人は多いが、ヒロシは自分から遠ざかったのだという。その理由をあるインタビューで「テレビの世界に、違和感があったから」と答えている。自分自身が一番感じていたのだ。

 だが4月29日放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日系)にゲスト出演し、趣味であるソロキャンプの魅力を熱く語ったヒロシは、まるで別人のようだった。黒柳徹子さんの前でキャンプの様子を再現しながら、目を輝かせ明るくにこやかな笑みを顔中に浮かべ、その楽しさと楽しみ方を伝えていた。

 そこには以前のような“ぼっち”のヒロシはいなかった。彼は転機をうまく乗り越えたのだ。キャリアの発達における「トランジション理論」のお手本みたいに。トランジション理論はいくつかあるが、人材系コンサルタントのウィリアム・ブリッジズが提唱した理論は、人生における転機を3つのステップに分けている。“何かを終わらせる段階”“ニュートラルな段階”そして“何かを探し、始まる段階”だ。ヒロシもテレビの世界を去り、事務所を辞め、過去の自分と未来の自分の間で揺れながら、新しい転機をソロキャンプに見出したのだ。

 インターネット上のスラングに「ソロ充」という言葉がある。ヒロシはまさにソロ充だ。朝日新聞出版発行の『知恵蔵』出典の「コトバンク」によると、ソロ充の定義は「一人で楽しめること」。孤独感を感じさせる“ぼっち”との違いは、本人が一人でいることに充実しているかどうか。いくつかのパターンがあるらしいが、いずれもソロである自分を肯定しているのだという。「コトバンク」では、友人を誘うのが面倒、人といると気を使う、相手のペースに合わせるのがつらい、などのタイプの人が自由気ままに一人で過ごすことを指す言葉だとも書かれている。インタビューで語られていたヒロシがソロキャンプを始めた理由と同じだ。

 寂しげでネガティブなムードはすっかり影を潜め、ヒロシはポジティブに、ソロだからこその楽しさを満喫している。だからこそ彼のソロキャンプの映像に癒され、引きこまれ、そこから一人でいることの良さ、楽しさを感じ取る人々が増えているのだろう。トランジション理論のごとく、“ぼっち”から“ソロ充”に変化したヒロシ。自粛自粛のこんな状況だからこそ、一人の楽しみ方をどんどん伝えていってほしい。

関連キーワード

関連記事

トピックス

スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
「日本学士院賞」の授賞式に登壇された雅子さま(撮影/雑誌協会代表取材)
天皇皇后両陛下、飽くなき“学びのお心” 日本学士院賞授賞式に登壇、「どういう資料を?」専門家に熱心にご質問
女性セブン
『GO HOME~警視庁身元不明人相談室~』(日本テレビ系)で主演を務める小芝風花(撮影/槇野翔太)
「27歳の今が踏ん張り時です」小芝風花が語った“役者キャリアの正念場”
NEWSポストセブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン
傷害と傷害致死で逮捕された野中千宙容疑者
《0歳児 暴行死》逮捕の26歳ママは夜に夫と二人きりで出かけ… 児相が保護、「赤ちゃんと暮らしたい」と引き取ったのに「殴って床に投げた」鬼母の所業
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
《中村芝翫の“ハシゴ不倫”》三田寛子が築いた“父親ファーストの家族像”「お父さんだけおかずが豪華で…」スキャンダル後に長男が見せていた“母への気遣い”
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業でレギュラーがなくなる名優の今後や“パートナー”が注目される
神田正輝、『旅サラダ』卒業でテレビ出演ゼロとなり“自由で穏やかな日々”へ パートナーとは同居せず“お互いの生活を尊重”
女性セブン
ニュージーランド戦を訪れた広瀬すず。日本は勝利
【バスケ界の“勝利の女神”】広瀬すずが日本代表戦を観戦 ドレスにバスケシューズのコーデで登場、選手と記念撮影も
女性セブン
伊藤英明の育メン姿が目撃された
伊藤英明、毎朝満員電車で愛娘と登園するイクメンの顔 ママチャリで疾走する姿も近所の評判、アメリカ移住で深まった家族の絆
女性セブン
新居を売却
《フジ、日テレの新居報道騒動が新展開》大谷翔平、ロスの「12億円豪邸」を売却の意向「もうあそこには住めない」と怒りの決断か
女性セブン
“ハシゴ不倫”の芝翫と妻・三田寛子
《三田寛子は達観》中村芝翫「家族揃っての親睦会」から「愛人の誕生日パーティー出席」の“ハシゴ不倫” 「周囲を警戒しながら、いそいそと邸宅へ…」
NEWSポストセブン
『朝だ!生です旅サラダ』を卒業する神田正輝(『下町ロケット』インスタグラムより)
《不測の事態に備える現場》神田正輝『旅サラダ』卒業の舞台裏「トーク中に突然倒れないか」番組サイドの“体調危惧”ともう1つの理由
NEWSポストセブン