ライフ

コロナで毎日が不安な人へ 心理カウンセラーからメッセージ

新型コロナ患者を受け入れる自衛隊中央病院。医療従事者にかかるストレスは並ではない(時事通信フォト)

 新型コロナウイルスは世界を一変させた。日本全国を対象に発出された「緊急事態宣言」は39県で解除されたが、「もう元の世の中は戻ってこない」との声が多く聞こえる。感染拡大の第2波、第3波への警戒が続くなか、収入の大幅減や失職という経済的打撃が各所で顕在化している。日本や世界がかつて経験したことのない、緊張感を強いられる日々が今後は長く続くはずだ。人類は、この危機的状況をどう乗り越えていけばいいのか。

 アフター・コロナ、アンダー・コロナのストレス社会を生き抜く力として注目したいのが、1970年代にユダヤ系アメリカ人の医療社会学者であるアーロン・アントノフスキー博士が提唱した「首尾一貫感覚」だ。心理カウンセラーでヒューマン・ケア科学博士の舟木彩乃氏が解説する。

「首尾一貫感覚とは、第二次大戦中にナチスドイツの強制収容所から生還しながら、更年期になっても良好な健康状態を維持している女性たちが共通して持っていた感覚のことで、次の3つから成ります。

【1】把握可能感(「だいたいわかった」という感覚)……自分の置かれている状況や今後の展開を把握できると感じること
【2】処理可能感(「なんとかなる」という感覚)……自分に降りかかるストレスや障害にも対処できると感じること
【3】有意味感(「どんなことにも意味がある」という感覚)……自分の人生や自身に起こることには意味があると感じること

 これらの感覚が高いとストレスに押しつぶされることなく、むしろそれを前向きの力に変えられると言われています。3つの感覚はお互いを補完する関係で、例えば“今の状況をだいたい把握できている”という把握可能感を持てれば、“なんとかなるだろう”という処理可能感を持つことができます。首尾一貫感覚は先天的なものでなく、後天的に高められるという特徴もあります」(舟木氏)

 世の多くのことは把握可能感と処理可能感で「だいたいわかった、なんとかなる」と捉えられれば解決できるが、コロナという“強敵”には、さしもの首尾一貫感覚も分が悪い。

「感染の集団発生は国際的に災害のひとつとされ、戦争と同様に、やり場のない怒りや不安、恐怖といった心の問題を引き起こします。また外出自粛により行動の自由を制限されると、感情が失われ、阻害されている気持ちになる『拘禁反応』が生じることがあります。新型コロナは未知の部分が多いウイルスのため、一時的に落ち着いても今後の拡大状況が不透明で、自分や家族が感染して命を失う恐怖や、大不況となって収入が絶たれる不安などから、『だいたいわかった、なんとかなる』とは思えない。把握可能感や処理可能感では歯が立たない相手です」(舟木氏)

関連キーワード

関連記事

トピックス

米東部ペンシルベニア州バトラーで、警護官に囲まれるトランプ前大統領(EPA=時事)
《トランプ前大統領銃撃事件で使用》「全米で広く出回る」AR-15ライフル、日本の暴力団が「使わない」理由
NEWSポストセブン
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
女性セブン
佳子さま
佳子さま、「3000円青ニット国際親善」の問題点をギリシャ研究の権威が指摘 「軽く扱われた」と誤解された可能性、修道院でのパンツ姿も「冒険する必要はない。周囲が気を配らないと」
女性セブン
フジテレビが説得を続ける織田
【『踊る大捜査線』続編計画】本命は当初から“織田裕二主演による続編” 「柳葉さんがやるなら…」と織田裕二も前向きに検討か
女性セブン
日本競泳界の新エースとして期待される本多灯
【パリ五輪・競泳】日本のエース・本多灯の直前練習に密着 自称“無邪気な永遠の4歳児”は「勝つ自信はあります」と凛々しい表情
週刊ポスト
喫煙、飲酒行為が発覚し五輪を辞退した宮田笙子(時事通信フォト)
《19歳飲酒・喫煙でパリ五輪辞退》体操女子・宮田笙子の実家は「400年以上の歴史を誇るお寺」エースが抱えていた「精神面での課題」
NEWSポストセブン
中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン
香取慎吾が“謝罪中継”もしたフジテレビに復帰
香取慎吾“因縁のフジテレビ”に復帰、2025年1月期スタート連続ドラマでの主演が内定 SMAPメンバー間の遺恨は完全消滅へ
女性セブン
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
悠仁さまのトンボ研究に世間の耳目が集まる(写真/JMPA)
悠仁さま、「論文」「学会」「英語力」…東京大学推薦枠の募集要項はほぼクリア 残るハードルは「共通テストで8割以上」
女性セブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《俳優・中野英雄を直撃》元妻宅⇔YouTube共演女優(31)と横須賀4連泊の二重生活「キスはないけどチューはある」「そりゃ大好きですよ」
NEWSポストセブン