国内

コロナ楽観論へ疑問も、なぜワクチン開発はかくも難しいのか

人類が新型コロナに打ち克つには「集団免疫」の獲得が必要に(写真/アフロ)

 飲食店や百貨店、小売店などの営業が徐々に再開し、繁華街にはマスク姿の家族連れや買い物客が集まり、小さくも久々の賑わいが生まれた。この3月以来続いていた張り詰めた緊張が緩み、マスクの下からは笑みがこぼれる。

 新型コロナウイルス感染拡大をめぐる政府の緊急事態宣言が5月14日、39県で解除され、緩やかな自粛解除が進み始めた。しかし、このまま一直線で「全面解除」とはいかない。

「感染を収束させるには、ウイルスの抗体を持つ人が人口の50~70%に達する『集団免疫』の獲得が必要だとされます。日本人が集団免疫を獲得するには1~3年ほどかかるという見方が大勢で、その期間は政府が感染の拡大と縮小を注視しながら、外出自粛要請とその解除を繰り返す生活になるはずです」(全国紙科学部記者)

 今後は経済活動を徐々に再開させつつ、第二波の影に怯える不安定な日々が続く。

 そこで浮かび上がってくるのが、「自粛解除格差」と呼ぶべき事態だ。

 いままでは全国民が一律に自粛して一緒に耐え忍んできたが、正常化を進めるなかでは異なる風景が現れる。医療ジャーナリストの石塚集さんが指摘する。

「新型コロナに感染すると高齢者ほど重症化します。これから先、自粛解除が進んでも、高齢者層には引き続き“密”になる集団行動を避けるよう求められる。若い人が自由に動き回れる一方、高齢者は判断を強いられるはずです」

 つまり、「自由な生活」と「制限された生活」という格差が生じるのだ。

《若者は外へ 高齢者は家に》。そんな刺激的な見出しが5月13日、朝日新聞に載った。イスラエル・ヘブライ大学の著名なコンピューター科学者であるアムノン・シャシュア教授は、同紙のインタビューの中で、新型コロナの感染防止と経済活動を両立させるため、社会を67才以上や持病を持つ「高リスク群」と、それ以外の「低リスク群」の2つに分け、後者だけ外出自粛を解除することを提唱した。

関連記事

トピックス

安倍元首相(時事通信フォト)
安倍元首相国葬“出来レース入札”疑惑 加計学園問題と同じ構図だった
NEWSポストセブン
Twitterに投稿されている観客席やトイレなどに捨てられたゴミ
「RIZIN」花束投げ捨て騒動の裏に観客席でのゴミ散乱問題、会場関係者が明かした「本音」
NEWSポストセブン
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
特捜部の事情聴取を受けたという竹田前JOC会長(時事通信フォト)
五輪汚職、IOC裏工作疑惑が再燃 「元電通・元総理・旧皇族」の切っても切れない関係
週刊ポスト
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題 箝口令が敷かれなくても報じない大メディア、巨人との歪な関係
週刊ポスト
映画界に大きな衝撃を与え続けたゴダール監督
ゴダール監督が選んだ「安楽死」 本来必須の「4要件」の診断は満たされていたのか
NEWSポストセブン
そう簡単に延期はできない事情とは?(時事通信フォト)
大関・正代 連敗地獄の本場所後に「昇進披露パーティー」延期できない事情
週刊ポスト
ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
玉鷲
玉鷲の優勝でNHKの相撲中継に映らなかった豪華すぎる副賞 少しずつ数が減っている理由とは
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
週刊ポスト