国内

夏のコロナ対策 マスクで熱中症注意、タオルで汗拭きは危険

マスクをつけた状態で迎える初めての夏に(写真/PIXTA)

 新型コロナウイルスの感染拡大は今なお収束には至っていない。5月に入ってから最高気温が25℃を超す夏日が続いている。強い日差しの中、マスクをつけるという例年見ることのない格好で外出するのが「新しい生活様式」になったようだ。

 気温の上昇とともに、もうそろそろ憂鬱な梅雨がやってくる。インフルエンザウイルスを含め、一般的にウイルスは高温多湿に弱いとされる。梅雨に入れば新型コロナの感染リスクも低くなることが期待されるが、未知のウイルスだけにはっきりしない。

 米マサチューセッツ工科大学大学院の研究者は「高温と湿気は新型コロナの感染速度をやや低下させることができても、パンデミックは夏の天気だけでは消滅しない可能性が高い」と警告する。

 新型コロナが蔓延してから初めて迎える梅雨と夏。意外なところに危険も潜んでいる。

◆子供のマスクのつけ外しに注意

「この夏は感染予防とともに、マスク着用による熱中症に気をつけなければいけません」

 そう話すのは医師でジャーナリストの森田豊さんだ。

「夏に長時間マスクをつけると、暖かい空気を吸い込むことによって体に熱がこもりやすくなります。また、マスクをつけた状態で呼吸をすると、肺の周囲の肋間筋などを活発に動かすことになるので体内で多くの熱が作られ、熱中症の危険性を高めてしまう。マスクをするとこまめな水分補給を怠りがちになるので、さらにリスクが高まります」

 中国ではマスクをつけて体育の授業を受けた学生が急死する事例が多発しているので要注意。苦しさを感じたら躊躇なく外すべきだ。

「屋外の場合、周囲に人がいなければマスクを外しても大丈夫です。その際、ウイルスで汚染されているマスクの表面は触らず、片耳のひもを触って外すのが基本であることを忘れないようにしてください」(森田さん)

◆汗を拭くときはタオルより使い捨てペーパータオル

関連記事

トピックス

ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
かかりつけ医の見つけ方(写真/GettyImages)
最高の「かかりつけ医」を見つけるために…チェックすべきは「話し方」
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン