◆あちこちに貼られた「なんとかなるよ」

 いまのイタリアは日本のように徐々に活動制限が解除され、「新しい生活様式」を受け入れている。「挨拶がわりにハグやキスをすることが当たり前だったイタリア人が、いまではハグやキスをしない、手を握らないといったことをすっかり定着させている」(大平さん)という。

 スペイン風邪の流行といった歴史的教訓から感染症には敏感なイタリア人だが、遠い中国の街で発生したウイルスが突然自分たちを襲うとは誰も予期していなかった。しかし、次々と死者が出て、コロナの恐ろしさに気づくやいなや、人々は行動を一変させた。

「やたらと人とくっついてワイワイやるのが当たり前だったイタリア人の日常生活は、大きな変化を余儀なくされました。それでも、“命よりも大切なものはない”と冷静に変化を受け入れるイタリア人の切り替えの早さには脱帽しました」(田島さん)

 北部の都市・ミラノでは「Tutto andra bene(なんとかなるよ)」と書かれた張り紙が、街のあちこちに貼られたという。

「イタリア人は、つらいときこそ弱みを見せません。普段は感情的ですぐ怒ることもありますが、切羽詰まったときほど、取り乱さず空元気でも余裕を見せる。“泣いたら負け、怒ったら負け”という感覚が、張り紙につながったのでしょう」(新津さん)

 ユダヤ系イタリア人の親子が主人公の映画『ライフ・イズ・ビューティフル』では、ナチスにより強制収容所に入れられても、息子を怖がらせないためにずっと冗談を言い続ける父の姿が描かれる。過酷な状況下でも楽観的でポジティブな気持ちを忘れないイタリア人の気質も、コロナ対策の大事な要素かもしれない。

 日本は感染者数、死亡者数ともにイタリアに比べてずっと少ない。しかし、互いが監視し合うような空気が、閉塞的なムードを重くさせている。

 日本で感染者が出始めた当初は「感染者の職場や訪問先は非公表」という対応が多く、不安の声が広がった。しかし、「差別や中傷をしない」という意識が日本社会の根底にあれば、最初から対応は変わっていたかもしれない。

 イタリアのように、隣人を思いやり、前向きに生きる。それが、自分の心身を守ることにもつながるはずだ。

※女性セブン2020年6月18日号

関連記事

トピックス

中居
完全復帰の中居正広が支持される理由 素晴らしい人柄とプロデュース力
女性セブン
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
志村けんさんが語っていた旅館への想い
志村けんさん 20年通った旅館が全焼から再建、家族が果たしていた約束
女性セブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
香田晋
《親子共演動画を発見》引退した元紅白歌手・香田晋の息子がイケメンYouTuberになっていた!
NEWSポストセブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
女性セブン