• TOP
  • ライフ
  • 【鴻巣友季子氏書評】男性同士の会話でこそ艶めく筆致

ライフ

2020.06.08 07:00  週刊ポスト

【鴻巣友季子氏書評】男性同士の会話でこそ艶めく筆致

『クロス』山下紘加・著

【書評】『クロス』/山下紘加/河出書房新社/1600円+税
【評者】鴻巣友季子(翻訳家)

 本作は、主人公のセックスシーンで始まる。恋人の「タケオ」に「マナ」と呼ばれる「私」は、警備会社に勤める二十八歳の既婚男性だ。妻は女性で、それまでの恋愛相手も異性だったという。

 紙幅の多くが割かれるのはタケオとの関係ではない。「私」が女装癖をもつところから、女性として恋人に求められたいと思い、女装を自分のアイデンティティとするようになる──性をクロスし(越え)ていく過程だ。

「私」は学生時代から、なんとなく男らしい集団に混じり、男らしいとされることをしてきた。しかし妻が働きだすと、「私」はだんだん経済的に依存しだし、男女の役割が逆転したような感覚をもつ。性別の固定観念に縛られていたのだ。

 作者の筆致が艶めくのは、わりあい中性的な妻との関係や、こってり女の子っぽい愛人の愛未との交わりより、むしろ会社の体育会系の先輩と飲みにいったときに先輩がジョッキを取り違え、「なんだ、これおまえのだわ。間違えて呑んでた」「全然いいっすよ」みたいな会話だったり、昼に屋外で一緒に弁当を食べる後輩が後ろから、「先輩ー! もしかして俺のこと探してました?」と声をかけられる場面だったりする。

関連記事

トピックス