ライフ

【鴻巣友季子氏書評】男性同士の会話でこそ艶めく筆致

『クロス』山下紘加・著

【書評】『クロス』/山下紘加/河出書房新社/1600円+税
【評者】鴻巣友季子(翻訳家)

 本作は、主人公のセックスシーンで始まる。恋人の「タケオ」に「マナ」と呼ばれる「私」は、警備会社に勤める二十八歳の既婚男性だ。妻は女性で、それまでの恋愛相手も異性だったという。

 紙幅の多くが割かれるのはタケオとの関係ではない。「私」が女装癖をもつところから、女性として恋人に求められたいと思い、女装を自分のアイデンティティとするようになる──性をクロスし(越え)ていく過程だ。

「私」は学生時代から、なんとなく男らしい集団に混じり、男らしいとされることをしてきた。しかし妻が働きだすと、「私」はだんだん経済的に依存しだし、男女の役割が逆転したような感覚をもつ。性別の固定観念に縛られていたのだ。

 作者の筆致が艶めくのは、わりあい中性的な妻との関係や、こってり女の子っぽい愛人の愛未との交わりより、むしろ会社の体育会系の先輩と飲みにいったときに先輩がジョッキを取り違え、「なんだ、これおまえのだわ。間違えて呑んでた」「全然いいっすよ」みたいな会話だったり、昼に屋外で一緒に弁当を食べる後輩が後ろから、「先輩ー! もしかして俺のこと探してました?」と声をかけられる場面だったりする。

関連キーワード

関連記事

トピックス

町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
「スルー対応」が続く坂本勇人のスキャンダル テレビ、新聞の若手記者からは「巨人を担当したくない」などの声も
NEWSポストセブン
宮澤エマ(公式HPより)
『鎌倉殿の13人』、事件のカギともなる“乳母力”を時代劇研究家が解説
NEWSポストセブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
女性セブン
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
好きな女性アナで3連覇を果たしたテレビ朝日の弘中綾香アナ(写真/ロケットパンチ)
弘中綾香アナ、結婚相手は同い年のベンチャー企業社長だった「資産約15億円」「小栗旬似のイケメン」
NEWSポストセブン
熱愛が発覚した玄理と町田啓太
町田啓太と女優・玄理の交際、ファンをモヤつかせていた「お揃いルック」の数々
NEWSポストセブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン