芸能

関ジャニ∞丸山隆平「人と人のつながりは悪いもんじゃない」

丸山隆平が主演する『連続ドラマW 大江戸グレートジャーニー~ザ・お伊勢参り~』(公式HPより)

 グループとして活動だけでなく、ドラマに情報番組の司会にと活躍の場を広げる関ジャニ∞・丸山隆平(36才)が、今度は実に13年ぶりとなる時代劇の主役を務める。WOWOW『連続ドラマW 大江戸グレートジャーニー~ザ・お伊勢参り~』では、“ダメ男”辰五郎役を演じている。そんな丸山に、役のことやメンバーのことを聞いた。

◆追い詰められる方がやりがいも感じられる

 15のときから賭博で数々の修羅場をかいくぐり、「土壇場の辰」の異名をとる辰五郎だが、実はそんな一面にも親近感があったとか。

「ぼく、土壇場まみれですもん(笑い)。きっちり段取りがあるのはどうも苦手で、全部自由で『はい、どうぞ』と無茶ぶりされる方がハジけられる。追い詰められる方がやりがいも感じられるんです」

 ならば辰五郎と並んで、自身も「土壇場のマル」ということか。

「う~ん、そこは『身の程知らずのマル』で! だって小学生の頃はまさか(ジャニーズ)事務所へ入るともアイドルになるとも思わなかったし、ベースをやるとも、朝の番組(MBS『サタデープラス』)の司会をやるとも全然思っていなかった。そんな自分があれよあれよとデビューして、CDを出して、ドームでライブをさせてもらえるようなグループにいる。でもお前は本来そんな器の男じゃないだろう、もうちょっと身の程を知れよ、と。

 お前をそうしてくれたのはファンであり、事務所であり、スタッフなんやから、メンバーにも感謝しろよ。その意味で身の程知らずのマルです。

 メンバーは何かひとつの形に収まるものとは違う、唯一無二の存在ですね。家族、友人、戦友はたまた居場所とか、そうしたどれかひとつではなくて全部をひっくるめて横山(裕)も昔言うてたけど、『関ジャニ∞』という関係性です」

関連記事

トピックス

小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子の中国進出は成功するか バラエティースキルを活かせるかは未知数、反日感情の影響も
NEWSポストセブン
14日聖望学園戦9回表、内角の球をライトスタンドに運ぶ大阪桐蔭3年・松尾汐恩(時事通信フォト)
大阪桐蔭の「扇の要」松尾汐恩を開花させたショートからキャッチャーへの転向秘話
NEWSポストセブン
元NHK・内藤裕子アナが入局当時のエピソードを語る
【全6局「人気女子アナ」同窓会#2】民放が参考にしていたNHKのアクセント
週刊ポスト
1946年1月25日、新発売の煙草「ピース」を求める人々が銀座松屋に列を成す。写真=庭田杏珠 × 渡邉英徳『AIとカラー化した写真でよみがえる戦前・戦争』(光文社 2020年)より
鮮やかによみがえる「終戦と復興」写真のカラー化がもたらす記憶の“解凍”
週刊ポスト
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
左から元NHK・内藤裕子、元日本テレビ・馬場典子、元テレビ朝日・石井希和、元TBS・竹内香苗、元テレビ東京・亀井京子、元フジテレビ・中村仁美
【全6局「人気女子アナ」同窓会#1】給料、社食…新人時代はクレーム対応も
週刊ポスト
約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン