国内

横田滋さん、拉致と病気との闘い 病床にめぐみさんの写真

横田めぐみさんの拉致から40年。記者会見する滋さん(右)と早紀江さん(2017年11月15日、神奈川県川崎市 写真/時事通信社)

 1977年に北朝鮮に拉致された横田めぐみさんの父親の横田滋さん(享年87)が、6月5日に亡くなった。だが、87年間の生涯は決して怒りと憎しみに埋もれた人生ではなく、妻の早紀江さん(84才)と共に歩んだ笑顔と慈愛に溢れた人生だった。

 *
 43年間にわたった拉致との闘いの後半戦は、滋さんにとって病気との闘いの歴史でもあった。2005年に血栓性血小板減少性紫斑病という難病を発症し、2007年には胆のうの摘出手術を受けている。拉致被害者の「家族会」の代表はこの年に退任。2014年10月には転倒して前歯を折って7針縫うなどの大けがをし、1400回を超えた全国での講演活動は2016年3月を最後に中止していた。好きだったビールもやめた。

 2018年4月にはパーキンソン病で入院し、今月5日に亡くなるまでは、滋さん自身が撮影した子供の頃の、そして、北朝鮮で撮影されたとされるめぐみさんの写真を飾った病床で帰りを待ちわびた。

「パーキンソン病は、体の動きをコントロールしにくくなる。早紀江さんは手足の関節が固まってしまわないように、毎日のように必死にマッサージを繰り返していました。温熱療法を受けるときも、ひざの状態がよくない早紀江さんが痛みを押して滋さんの体を支え、大汗をかきながら手伝っていたそうです」(社会部記者)

 昨年からは食事もままならなくなり、胃ろうを選択した。めぐみさんと会う日まで生き延びたいと考えたからだ。

「それでも、味わう楽しみを忘れないようにと、早紀江さんは滋さんにほんの少しはちみつをなめさせるなど、工夫をしていました」(前出・社会部記者)

 毎日のように病室で顔を合わせたふたりだったが、新型コロナウイルスの感染拡大防止により、約2か月の間、面会断絶。“最後の日々”を共に過ごせなくなったが、その際も、タブレット端末のテレビ電話を使ったり、手紙を書いて看護師さんに託したりと、滋さんを励まし続けた。

「滋さんは、のどを司る脳の部分が病に侵されていたので、声は出なかったのですが、『うんうん』と反応はしていました。早紀江さんが『めぐみは必ず帰ってくるから、頑張りましょう』と声をかけると、『頑張る』と口を動かしたといいます」(前出・社会部記者)

関連記事

トピックス

ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
有吉弘行は上島さんと交流があった
「上島竜兵さんの死を笑いに変えたい」に見える芸人たちのもがきと苦しみ
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン