ライフ

風水のプロ指摘「ネットに張り付いていると不安になるだけ」

ネットに張り付いていると…(写真/AFLO)

 インターネットやスマホは生活に欠かせない存在。しかし、それらの負の側面がピックアップされるニュースも少なくない。そこで、風水建築デザイナーの直居由美里さんが、スマホやパソコン、ネットの利用についてアドバイスする。

 * * *
 現代生活に欠かせない携帯電話やタブレット、パソコン。外出自粛中には、情報収集や読書、ゲームなどに活用していた人も多いことでしょう。

 スマートフォンやタブレットは指で直接触れて画面を操作しますから、皮脂の汚れがそのまま付着します。新型コロナウイルス対策で手洗いが推奨されていますが、いくら手をきれいにしても、汚れた画面を触っては意味がありません。通話に使った場合は唾液や顔の皮脂、乳液やファンデーションなど化粧品の汚れも付きます。

 また、パソコンの画面を見ているときは気がつきにくいのですが、画面は帯電しているためほこりを集めます。指で直接触るキーボードやマウスも不潔な状態のまま使っていることが多いのです。

 風水は住まいを整えて運気の流れをスムーズにしますが、いまや情報機器も運気を大きく左右するアイテムです。特に外出を控えていると、人とつながるのはスマートフォンやパソコンを通す場合が多くなります。

 すべての運気は人からもたらされます。邪気にまみれたスマートフォンで連絡を取り合っていると人間関係がぎくしゃくしてきます。

 また、社会全体に不安が広がっていると、根拠のないうわさやデマに惑わされやすいもの。インターネットに張り付いて情報収集ばかりしていると、ますます不安になるだけです。あるいは暇つぶしのゲームをだらだら続けて時間を無駄にしたり、気がついたらかなりの金額を課金していたというケースもあります。しかし、インターネットがすべて悪いわけではありません。仕事で活用している人も多く、有意義な情報もたくさんあります。大変な時代だからこそ、自分にとって何が重要かを見極めて、時間を決めてインターネットを上手に活用しましょう。

※女性セブン2020年6月25日号

関連記事

トピックス

ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
かかりつけ医の見つけ方(写真/GettyImages)
最高の「かかりつけ医」を見つけるために…チェックすべきは「話し方」
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン