国内

内科医辞めて料理人に転身、今は自給自足するDr.Misoの人生

料理人になることを決意し、ニューヨークへ。マクロビオティックやビーガン料理の専門学校で「健康に特化した料理」を学ぶ

ニューヨークの料理学校で気づいたこと

 関さんが選んだ学校は、マクロビオティックやビーガン料理など「健康に特化した料理」を教える専門学校だった。学校にはインターン制度があり、最初は精進料理の店で2週間働いた。次にミシュラン2つ星のレストランに応募するも、インターン枠が埋まっており採用は見送られる。

「でも、私の履歴書を見た、その店の栄養管理士のかたから、『あなたのバックボーンは面白い。遊びにいらっしゃい』と誘われ、店に行った。するとすごく話が弾んで、後からきたシェフから、『ちょうどインターンが辞めたから、うちで働かない?』と誘われたんです。日本では、医者を辞めて料理人になると言うと、『本気なの?』と言われる。でもニューヨークでは、『何それ? 面白い』って。新鮮でした」

 関さんは、平日はその店の厨房で、土日は知人が経営する日本料理店を手伝った。休みのまったくないハードな日々だったが、肉体的にも精神的にも苦痛を感じることはなかったという。

「同じ時間を費すのでも、医者として働いているときと、料理をしているときでは、時間の過ぎ方がぜんぜん違うんです。喜びの中で生きるってこういうことなんだと理解しました。

 ライフワークとなる“味噌”と出合ったのもこの頃です。ニューヨークで出会った日本人のかたに味噌の作り方を教えていただいた。日本では味噌は簡単に手に入りますが、海外ではなかなか入手できない。いざ手作りしてみると、大豆と塩さえあれば、こんなに簡単に作れるのかと驚いた。友人たちに振る舞うと『何これ! おいしい』と絶賛され、そこから味噌の魅力に取り憑かれたんです。

 不思議なもので、自分が変わると、周りも変わる。日本にいるときは、誰も自分のことを理解してくれないと思っていたから、すごく孤独でつらかった。でも、ニューヨークで好きなことをして自分がハッピーな状態でいたら、周りがすごく受け入れてくれたんです。

 日本では、医者として頑張らなきゃいけないとか、キャリアを積まなきゃいけないとか、“しなきゃいけない”ってことにとらわれていて、心身ともにストレスを抱えていた。でも、そうじゃなくて、自分が幸せであれば、周りも幸せになる。しなきゃいけないことなんてないんだって気づいたんです」

関連記事

トピックス

西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
司会をつとめる島田アナ(写真/JMPA)
「安倍氏国葬」司会の島田彩夏アナは「国葬委員会の指名」とフジ回答 抜擢背景に「後継候補の甥の古巣だから」説も
NEWSポストセブン
友人代表として「追悼の辞」を読み上げた菅氏(写真/JMPA)
菅義偉・前首相の弔辞に現場のマスコミ陣もすすり泣き 「銀座の焼き鳥屋」エピソード
NEWSポストセブン
式壇の様子
安倍氏国葬、武道館で「トイレ問題」発生中 男性用のみ行列、政治家が「これはまずい…」
NEWSポストセブン
阪神監督「再登板」が報じられた岡田彰布氏(写真は2008年)
阪神・岡田彰布監督再登板へ これで「掛布雅之監督」誕生の芽は永遠に潰えたか
NEWSポストセブン
「パパ活飲酒」を報じられた吉川赳議員。その吉川議員のパパも“逆ギレ”
パパ活問題・吉川赳議員の“実のパパ” 解任動議に「報じるメディアが悪い」と反論
週刊ポスト
笑顔を見せる坂本勇人(時事通信フォト)
巨人坂本の女性スキャンダル問題が収束せず CS進出なら“再炎上”で球団も苦慮か
NEWSポストセブン
独特のスタンスで2度目の賜杯を手にした玉鷲(時事通信フォト)
優勝の玉鷲 白鵬のモンゴルグループと交わらない姿勢貫き“鳥取事件”にも参加しなかった独自の立ち位置
NEWSポストセブン
香川照之(右)の騒動はあれほど報道していたのに…(左は時事通信フォト)
スキャンダルで炎上の香川照之、大メディアがスルーした坂本勇人 2人を分けた「スポンサー」の違い
週刊ポスト
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト