• TOP
  • スポーツ
  • 西武・松坂大輔の大誤算、無観客で客寄せパンダにできない!

スポーツ

2020.06.17 07:00  週刊ポスト

西武・松坂大輔の大誤算、無観客で客寄せパンダにできない!

無観客では存在価値が…?(時事通信フォト)

 3か月遅れでついにプロ野球の2020年シーズンが幕を開ける。ルーキーイヤーから活躍を続け、「平成の怪物」と恐れられた松坂大輔(39)。14年ぶりに古巣・西武に復帰し、再起を図ろうとした矢先、出鼻をくじかれた。

「開幕延期で最も影響を受けた選手の1人ではないか。春季キャンプ、オープン戦と順調に調整していて、開幕3戦目に先発予定でした。自粛期間にトレーニングしていたとはいえ、実戦から2か月以上離れると、若手と違って調整が厳しくなる」(スポーツ紙記者)

 77日ぶりの実戦登板だった6月7日の練習試合ではその不安が的中。

「1回無失点に抑えましたが、直球は最速137km止まりで、打球は全て芯で捉えられていた。試合後、辻発彦監督が二軍行きを明言した。西武で唯一“層が薄い”と言われる先発陣としても落第の判を押されただけでなく、同一カード6連戦が続き、枚数が必要な中継ぎでも戦力として見られていない。“客寄せ”として期待していた球団も無観客試合では“興行”にならないため、使う理由がない。順位が決まるまで一軍登板はないのではないか」(同前)

 西武OBで野球評論家の山崎裕之氏は言う。

「チームへの貢献は、コロナ前の春季キャンプでファンを増やしたことくらいというのが実情です。西武も松坂を戦力としてアテにするようでしたら先行きは暗い。投手が足りなくなって使うというのなら、勝ち負けを度外視し、“5イニング3点失点で抑えてくれれば儲けもの”ぐらいで考えるべきでしょう。“昔の名前で投げています”では厳しい1年になります」

 すでに時は令和。平成の怪物は最後の輝きを取り戻せるか。

※週刊ポスト2020年6月26日号

関連記事

トピックス