• TOP
  • スポーツ
  • 一攫千金狙える「WIN5」の魅力と避けて通れない税金問題

スポーツ

2020.06.18 16:00  週刊ポスト

一攫千金狙える「WIN5」の魅力と避けて通れない税金問題

大金を手にしたら、今度は税金問題が…

 誰もが夢見るものの、なかなか現実にならない夢の馬券生活。調教助手を主人公にした作品もある気鋭の作家、「JRA重賞年鑑」にも毎年執筆する須藤靖貴氏が、一攫千金が狙えるWIN5の醍醐味と危うさについてお届けする。

 * * *
 いまだにWIN5に手を出そうとしない知人にその醍醐味を力説したら、思わぬ答えが返ってきた。

「大きいのを的中したらしたで問題があるよ。通常の馬券とは違って、履歴が残るからね」

 税務署に目をつけられると言うのだ!

 5000万、1億の高額払い戻しが出た場合、当選者を教えろという国税局の要請に、銀行もJRAも抗えないのではないか、と。当欄で自慢げに的中ルポなどを披露すれば盗人に追い銭(?)となる。

 望むところだ! 究極の心配事である。ぜひともそんなゴージャスでスリリングな情況に立ち会って、嬉しい悲鳴をあげたい。そしてへーと感心もする。なるほど、本気で一攫千金を狙うなら、税金問題は看過できないわけだ。WIN5の売り上げがイマイチ伸び悩んでいるのも、そのへんが理由という分析もあり、それでキャッシュレス投票(UMACA)が始まったという説さえある。

 それでも、私にとってWIN5は面白い。

 1着馬を選ぶというのがいい。堅実とか軽視禁物とか手広くとか、そんな言葉遊びじゃなくて勝ち切る馬。普段のレース予想で忘れかけていた競馬の王道感を再認識させられるから。

 前回、買い目が必然的に増えるから「金持ちの馬券」と書いた。しかし1頭必中を5R続けられれば究極のハイリターン馬券にもなる。

関連記事

トピックス