• TOP
  • ライフ
  • 上級は合格率11.5%、その魅力に深くハマるチョコレート検定

ライフ

2020.06.20 16:00  女性セブン

上級は合格率11.5%、その魅力に深くハマるチョコレート検定

奥が深いチョコ検定(写真/株式会社デザインメイト/PIXTA)

 グルメやペット、健康など、自分の知識を試すのにピッタリな検定が増加中。これからの人生を豊かにするのはもちろん、もしかしたら副業につながるかもしれない! 数多のユニークな検定の中から、「チョコレート検定」を紹介する。

チョコレート検定

延べ受験者数:約1万2000人
合格率:11.5%
初級(チョコレート スペシャリスト) 95.0%
中級(チョコレート エキスパート) 74.5%
上級(チョコレート プロフェッショナル) 11.5%
特典:全合格者に認定証を送付。バッジやカードなど合格者限定商品の購入が可能。各級の成績上位合格者5人(計15人)に明治のチョコレート1年分(360個)プレゼント。

【チョコレート検定2020】
試験日:9月27日
開催地:札幌・東京・名古屋・大阪・広島・福岡
申込締め切り:上級 7月14日/初級・中級 8月11日
申込方法:インターネット、書店設置の払込用紙から
受験料:初級5800円、中級6800円、上級7800円 ※併願割引等あり
問い合わせ先:チョコレート検定運営事務局

 明治グループ100周年と明治ミルクチョコレート90周年を記念して始まったのがこの検定。「初級は、生産現場から最終商品に至るカカオやチョコレートに関する知識を、中級は、知人にチョコレートの楽しみ方を提案できる知識を、チョコレート好きの頂点を目指す上級では、本格的にテイスティング試験を実施しています」(チョコレート検定委員会・東奈央さん)。

 受検者からは、「パッケージ表示で味の概要がわかる」「飲み物との組み合わせがわかるようになった」という声もあるそう。公式テキストで学んでから、受けるのがおすすめだ。

検定の例題

4つの選択肢から正しいものを選んでください。

【Q1】初級 ココアを発明した人物は誰?
[1]エルナン・コルテス
[2]ジョセフ・フライ
[3]クンラート・バンホーテン
[4]ロドルフ・リンツ

関連記事

トピックス