芸能

ジャニーズ6日連続ライブ配信レポ ファンが一体化の演出も

ジャニーズが配信ライブで魅せつけたジャニーズの底力(時事通信フォト)

 新型コロナウイルスの感染拡大で、多くの音楽ライブが開催できなくなってしまった中、ジャニーズ事務所のアイドルたちが、6日連続でライブの有料配信を実施。その模様を放送作家の山田美保子さんがレポートする。

 * * *
 今年のオリコン上半期シングルランキングで、SixTONESとSnowManのデビュー曲『Imitation Rain/D.D.』が1位を獲得。CDが売れなくなって久しいいま、累計164.4万枚は本当に立派な数字であり、デビュー曲の上半期1位は先輩のKAT-TUN以来14年ぶりの快挙でした。

『ジャニーズカウントダウン2019-2020』を見ていても、この2組を中心に世代交代ともいうべきセットリストになっていて、東京オリパライヤーの2020年は、フレッシュ・ジャニーズが大暴れするものと信じていました。

 が、新型コロナウイルス感染拡大により、エンタメ界は、かつてないほどの大打撃を受け続けています。

 果たして2021年の帝劇や博多座の演目や、新作映画のマスコミ試写会のはがきが届くようになったのが6月の3週目。中断していた4月期ドラマの撮影が再開したり、著名な俳優さんのひとり芝居が配信されたり、「お客さんを入れての舞台をやります」と発信する座長さんがいらしたり。都からも国からも、もっとも後回しにされていた感のあるエンタメ界が力強い一歩を踏み出し始めました。

 そのタイミングで、ジャニーズ事務所さんが6月16日から6日連続で新収録のライブを有料配信。『Johnny’s World Happy LIVE with YOU』です。

 まず、タイトル! ジャニーズならではの単語が詰め込まれていて、ワクワクが止まりませんでした。

 続いて、TOKIOの国分太一クン(45才)が司会ということで、「新しい生活様式」では“諦め”しかなかった“カウコン(ジャニーズカウントダウンコンサート)”の開催を夢見ることができました。 

 配信初日、V6、嵐、King & Princeを見てまず思ったのは、プロ意識。誰も“コロナ太り”していない(笑い)。個人的に、私はV6のパフォーマンスが大好きなので、あぁ早くナマで25周年記念コンサートを見たい…という気持ちになってしまいました。つまり一瞬で引き込まれたのです。

関連記事

トピックス

西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
司会をつとめる島田アナ(写真/JMPA)
「安倍氏国葬」司会の島田彩夏アナは「国葬委員会の指名」とフジ回答 抜擢背景に「後継候補の甥の古巣だから」説も
NEWSポストセブン
友人代表として「追悼の辞」を読み上げた菅氏(写真/JMPA)
菅義偉・前首相の弔辞に現場のマスコミ陣もすすり泣き 「銀座の焼き鳥屋」エピソード
NEWSポストセブン
式壇の様子
安倍氏国葬、武道館で「トイレ問題」発生中 男性用のみ行列、政治家が「これはまずい…」
NEWSポストセブン
阪神監督「再登板」が報じられた岡田彰布氏(写真は2008年)
阪神・岡田彰布監督再登板へ これで「掛布雅之監督」誕生の芽は永遠に潰えたか
NEWSポストセブン
「パパ活飲酒」を報じられた吉川赳議員。その吉川議員のパパも“逆ギレ”
パパ活問題・吉川赳議員の“実のパパ” 解任動議に「報じるメディアが悪い」と反論
週刊ポスト
笑顔を見せる坂本勇人(時事通信フォト)
巨人坂本の女性スキャンダル問題が収束せず CS進出なら“再炎上”で球団も苦慮か
NEWSポストセブン
独特のスタンスで2度目の賜杯を手にした玉鷲(時事通信フォト)
優勝の玉鷲 白鵬のモンゴルグループと交わらない姿勢貫き“鳥取事件”にも参加しなかった独自の立ち位置
NEWSポストセブン
香川照之(右)の騒動はあれほど報道していたのに…(左は時事通信フォト)
スキャンダルで炎上の香川照之、大メディアがスルーした坂本勇人 2人を分けた「スポンサー」の違い
週刊ポスト
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト