• TOP
  • ビジネス
  • パチンコ記者・河原みのりが「新しいパチンコ様式」を報告

ビジネス

2020.06.27 07:00  NEWSポストセブン

パチンコ記者・河原みのりが「新しいパチンコ様式」を報告

自宅にあるスロット機の実戦記事を書いていたという河原みのり

自宅にあるスロット機の実戦記事を書いていたという河原みのり

 緊急事態宣言解除後、パチンコ店には徐々に人が戻ってきているが、長時間「密」になりやすい遊戯施設だけに、対策を施しながら手探りでの再開となっている。新台や注目機種の実戦・解説などを行うパチンコ専門ライターも、“通常稼働”とはいかない日々に戸惑いを感じている。女性パチンコ・パチスロライターの河原みのりが、コロナ明けの「新しいパチンコ様式」について報告する。

 * * *
 6月頭に緊急事態宣言が解除され、今までお休みせざるを得なかった人々も徐々に仕事が再開。密を気にしながらの時差出勤や除菌マストの環境で、元の生活に戻ったとは言い難い状況ですが、少しずつ生活リズムや感覚を取り戻している方も増えてきたかと思います。多くの慣れない事象に対応する中で、これからは「新しい生活様式」が日常になることを受け入れつつ、ようやく世の中が動き出してきました。

 毎日発表される感染人数から今でも不安は拭いきれませんが、国内では最後の砦ともいえる東京で休業要請全面解除が発表され、それに伴いパチンコ店も全面的に営業を再開しています。われわれパチンコ・パチスロライターとしての仕事も少しずつですがやっと再始動の兆しをみせています。

 専門誌の制作現場としては、文字を書く仕事は今まで通りですが、導入される新台記事や実戦記の取材、さらには付属のDVD収録など、これまでお店で行わせていただいていた作業も多く、それらはもちろん緊急事態宣言の真っ只中ではまったく動くことができませんでした。

 その際は企画内容を変更して過去を振り返るコラムを書いたり、家での過ごし方など写真企画が増えたり。自宅で自ら撮影をすることもあれば、家にあるスロット機を実戦して記事にするなど、手を変え品を変え対応していたので、やっとホールでも実戦が可能になり少しホッとしています。

 とはいえ、コロナ対策にはこれからも敏感過ぎるくらい敏感にならなくてはいけません。

関連記事

トピックス